工学技術計算

工学技術計算の実行を向上

工学技術計算の実行と文書化にスプレッドシートをお使いですか? スプレッドシートは財務計算には有用かもしれませんが、Advanced Engineering Mathとなると限界があります。スプレッドシートをベースとして計算を実行した場合、アイドル状態のタスクに長時間を費やさなければならず、チーム メンバー間のコミュニケーション不足が発生し、追跡も監査もできない重大なエラーが発生する可能性があります。

最も重要な知的財産を危険にさらさないために

調査によれば、工学技術計算に基礎的なスプレッドシートを使用するチームの場合、結果として得られる計算に深刻な不備が含まれることが少なくありません。実際に、KPMG の調査では、業界サンプルに選ばれたスプレッドシートの 91 % にエラーが含まれていることが判明しました。このコンサルティング企業の調査結果 (インフォグラフィック) を参照してください。

なぜ重要な計算データをスプレッドシートで扱うという危険を冒す必要があるのでしょうか。重大なエラーが顕在化してやっと工学技術計算ソフトウェアを評価するというのは得策ではありません。

製品設計をリスクにさらさないために

業界アナリストのチャド・ジャクソン (Chad Jackson) 氏によれば、エンジニアは不適切な計算ソフトウェアを長年使用することで業務をリスクにさらしてきました。その電子ブック: 工学技術計算に関する問題を乗り越える をお読みになり、工学技術計算ソフトウェアを変更することで結果を改善できるかどうかをご確認ください。

PTC Mathcad のようなソリューションなら、プロットやグラフ、テキスト、画像を含む、可読形式のライブの計算データを、インタラクティブかつ専門的な 1 つの文書にまとめることができます。そのライブで実行される数学表記、Engineering Unit Converter、および強力な計算機能は、エンジニアリング ノートブックのような馴染みのある形で表示されるため、エンジニアや設計チームは従来よりも簡単に重要な設計とエンジニアリングの知識をやり取りできます。PTC Mathcad のような専用の工学技術計算ソフトウェアを使用することで、スプレッドシートで発生するエラーの大半を回避できます。