ZF Wind Power

ZF Wind Power、PTC Mathcad で計算時間を 90 パーセント短縮。Metalltechnik Vils 社、最高のマシン DMG MORIVerenigde Bierens Bedrijven B.V. で PTC Creo を使用して設計時間を 30 から 40 % 短縮

ZF ロゴZF Wind Power は、マルチ MW 風力タービン (電力容量 1.5 ~ 6.15 MW) 向けの信頼性の高いカスタム ギアボックスの設計、製造、供給を行うグローバル企業です。

この事業部門は、ZF Group 内の Industrial Technology 部門に属し、業界の二大テクノロジ リーダーが統合した結果生まれました。世界トップを行く自動車業界サプライヤの ZF と、風力タービン ギアボックスのグローバル リーダーの Hansen Transmissions (旧社名) の合併は、経験、専門知識、効率的な製造、そしてイノベーションの集結により実現しました。

ベルギーのアントワープを拠点とするバート・ベアリンクス (Bert Beirinckx) 氏によれば、同氏のチームが高い競争力を持っているのは「ギアを理解し、ギアとは何かを知っており、その仕組みを知っており、それにまつわるキネマティックを知っているから」だそうです。

ベアリンクス氏は PTC Mathcad のパワー ユーザーです。同氏によれば、このソフトウェアの二大長所は単位認識機能と数学表記です。

「単位認識機能により、式を入力した時点で、その構造の有効性がチェックされます。単位のつじつまが合わなかったり、予想しない単位だったりした場合、式のどこかが間違っているとわかります」とベアリンクス氏。「単位認識は、ほかのどのアプリケーションにも勝る機能です」

PTC Mathcad の単位認識機能のメリットはどのようなものでしょうか? ベアリンクス氏はこう言っています。「(Visual Basic では) コンマや角括弧を数えるのに 30 分を費やしていました。一方、PTC Mathcad には数学表記という大きなメリットがあります」

「これらは Mathcad の革新的な、そして主要な機能です。私は MATLAB や Mathematica には興味がなく、Mathcad だけに興味があります。これがほかに類を見ないソリューションだからです」。同氏の部門は現在、Autocad Inventor から PTC Creo に移行を進めています。同社はまた、PTC Windchill を過去 8 年間に渡って利用してきました。開発チームだけでなく人事、法務、経営の各部門も、このソフトウェアを本格的なライフサイクル管理ツールとして採用しています。

目標

電力メイン

  • 繰り返し作業を減らし、チームがエンジニアリングの問題に集中できるようにする
  • 複雑な計算の精度と再現性を高める
  • 単調なプログラミング作業を最小限に抑える
  • 複雑なモデル ジオメトリを効率的に作成、修正する
  • データおよびワークフロー管理を自動化する

ソリューション

  • エンジニアリング計算、3D 設計、データ管理に PTC のソリューションを採用
  • PTC Mathcad で作成した計算をワークシートに保存して再利用
  • PTC Mathcad の "単位認識" 機能により、異なる単位が使用されている場合も式の有効性を確保
  • 実際の数学表記により、計算の理解とトラブルシューティングを容易に
  • PTC Creo が強力な 3D モデリング機能を提供
  • PTC Windchill がワークフローおよびデータ管理を自動化

結果

  • 90 % の期間短縮 – 3 週間かかっていたプロジェクトが PTC Mathcad では 1 日で完了
  • ZF Wind Power のエンジニアが利用する標準的な式を小規模なチームで作成
  • 読みやすい方程式が増え、エラーを簡単に特定して修正可能に
  • Microsoft Excel や Visual Basic での "カンマと丸括弧" のトラブルシューティングに費やす時間が減少
  • 数週間かかっていたプロジェクトが、PTC のソリューションでは数時間でモデリング可能に