iRobot

iRobot では 電子 CAD設計のデータ管理に PTC Windchill を採用

iRobot のロゴマサチューセッツ工科大学でロボット工学を学んだ人物によって 1990 年に設立された iRobot では、世界中で最重要視されているロボットの一部を設計、製造しています。戦闘での防御から公共安全、家庭清掃など、幅広い用途に対応している iRobot の信念は、世界中の人の生活の質と安全基準を改善するロボットを製造することです。

iRobot のメイン画像目標

  • 電子CADファイルの保存と配布が非一元的な場合の課題を克服
  • 非一元的な保存と配布が原因で必要なファイルを探すために費やす時間を削減
  • 設計チーム全体が共通の効率的な作業環境とツールにアクセスできるようにすることで、サイクル タイムを改善
  • 手作業によるファイル アップロード時に発生するエラーを削減

ソリューション

  • Windchill 10.1 と Windchill Workgroup Manager を組み合わせ、以下の作業を自動化および効率化:
    • 電子CAD BOM 管理
    • 電子CAD 文書管理
    • 電子CAD 設計データ管理

結果

1 設計あたり数時間もの時間を削減

  • 電子CAD データを簡単にインポート
  • 共通のテンプレートから設計を手早く開始
  • ワークスペースから直接 電子CAD アプリケーションを起動
  • 保存と配布の一元化により設計を効率化
  • アップロードとダウンロードが迅速、簡単に
  • 処理速度が向上し、エラーが減り、電子CAD データ間の一貫性が実現