Honeywell 社

Honeywell 社での化学分析: 計算からプレゼンテーションまで

Honeywell 社ロゴHoneywell Engines, Systems & Services 社は、航空宇宙産業向けのさまざまな製品の設計、製造、保守を行っています。その中には、ビジネス用、地域用、商用、軍用航空機の小型ガス タービン エンジン、商用および軍用航空機の補助動力装置、航空機および宇宙向けの環境制御システム (ECS) が含まれます。リサーチ センターでは、特に触媒作用、分離、熱科学が関係するこれらの活動をサポートしています。これらのプロセスは、Honeywell Specialty Chemicals 社内のプロジェクトをサポートするためにも用いられます。

このように対応範囲の広いリサーチ センターには、センターとエンジニアリング現場との間の内部のコミュニケーションを容易にする、信頼性、精度、生産性に優れていて汎用的なソフトウェアが必要でした。多くの作業において、PTC Mathcad は、解析を実行したり、大きな専用のカスタム Fortran プログラムと専門的な商用のシミュレーション パッケージによって行われる解析を補完したりするための適切な計算ツールを提供します。

航空機の客室内の空気の快適さと質の維持やオゾン層を破壊しない代替フロン用リアクタなどのプロジェクトに携わっている主任エンジニアのケビン・バー (Kevin Barr) 氏は、特に、熱交換器や加熱リアクタといった類の装置の化学反応や物理的な処理をモデル化するための計算を PTC Mathcad で開発しています。

しばしばこれらのエンジニアリング データ解析手順は、ECS 事業の中央拠点であるカリフォルニア州トーランスなどのほかの場所にいるエンジニアに転送する必要があります。PTC Mathcad は、計算手順を関連文書とともに 1 つの統合パッケージとして転送するのに理想的な手段です。この通信に欠かせないのがソフトウェアの互換性です。バー氏の勧めで、カリフォルニアの拠点の多数のエンジニアが、複数の拠点間で PTC Mathcad を使用してコラボレーションできるように PTC Mathcad の個別のライセンスとネットワーク アクセスを確保しました。

「PTC Mathcad は、Honeywell 社内のすばらしいツールです。なぜなら、ここに数百人いるエンジニア間のコミュニケーションが容易になるからです」と、1999 年に合併した AlliedSignal 社と Honeywell 社に合計 25 年勤務しているバー氏は言います。

バー氏は、PTC Mathcad を多数のスタンドアロンの計算 (1 次元有限要素過渡解析など) に使用するほか、後に大きなシステム計算に含めるサブルーチンとして Fortran や C++ でコーディングする副計算を開発するツールとしても使用しています。PTC Mathcad の手順は、Fortran モデルの検証チェックの役目も果たします。

「PTC Mathcad で作業する利点は、単位が自動的に変換され、不適切な単位を含む式にはフラグが立てられることです。コーディングが Fortran と異なるため、両方で同じ間違えをする可能性は低く、エラーの検出がより容易です。また、PTC Mathcad 環境では、論理エラーの検出と修正も容易です」とバー氏。

カリフォルニア事業所の元スーパーバイザーであるバー氏は、新人エンジニアに、コンポーネントに関する問題文とともに、Fortran モデルに簡単に変換可能な PTC Mathcad の解答例を与えていました。

「これは、当社の製品やプロセスを学び始めたばかりの若いエンジニアとコミュニケーションを図り、彼らを指導するためのすばらしい方法です。一度覚えてしまうと、渡した PTC Mathcad ドキュメントが、明晰で若い新卒社員のより良いアイデアを加えて返ってくるようになります」

バー氏がイリノイ州のリサーチ センターにいながらカリフォルニアの ECS とともに仕事をするようになった今、技術情報のコミュニケーション ツールとしての PTC Mathcad の重要性はさらに高まっています。

バー氏は、計算およびコラボレーションのためのツールとしての基本的な用途以外の目的にも、このソフトウェアを利用しています。たとえば、過渡反応炉のシミュレーションにおいて、大きな Fortran プログラムのポストプロセッサとして使用しています。Fortran で生成されたデータ ファイルを PTC Mathcad にインポートして、最終的な操作とプロットを行っています。テキスト機能、グラフィック、簡単な数式記述を利用して、広範な読者向けに結果をわかりやすく表現することができます。

「技術的なプレゼンテーションにオフィス用ソフトウェアは使用しません。PTC Mathcad があれば十分です。必要な場合は、いつでも Word にエクスポートできます。理想的なのは、すべての人が PTC Mathcad にアクセスできることですが、それさえも必要ありません」とバー氏はまとめています。