中国の大長江集団のお客様事例

中国の大長江集団、Windchill MPMLink の追加導入により、製造プロセス管理業務を最適化

中国最大のオートバイ メーカーが R&D、製造、データ管理とプロジェクト管理、MPM、ドキュメンテーションに PTC ソリューションを採用

課題 : 高品質な新製品ですばやく対応

大長江集団に関する特徴製品への要求が急速に高まる中、大長江では、拡張性を持って生産力を拡大するとともに、革新的で高品質な製品の市場投入によって市場要件にすばやく対応することが必要となっていました。また同時に、環境規制への確実な準拠、品質保証、製品の全体的なコスト削減も必要でした。

大長江では ERP ベースの情報管理システムを確立していましたが、効率的な製造プロセス管理 (MPM) システムは持ち合わせていませんでした。同社は MPM に関して次のような課題を抱えていました。

  • さまざまな業務を手作業で管理: この対象には、プロセス手順や規制、作業指示ガイド、チェック カード、BOM 配布リスト、ツーリングとアクセサリの製造関連文書などが含まれていました。これらの業務では、EBOM、MBOM、2D、3D、実際の画像をはじめとする広範な製品情報を直接参照する必要があります。しかし、こうした情報を共有するための適切なシステムがなかったため、関連データの収集、交換、変換の管理が困難になっていました。プロセスの調整に要する時間がより長くなり、データの正確さに影響が及び始めていました。
  • 設計データとプロセス データのアソシエティビティが欠如: 設計が変更されたとき、その変更は、関連するプロセス文書にタイムリーに反映されていませんでした。膨大な調整を手作業で行わなければなりませんでした。このため、生産拠点には MBOM について限られたガイダンスしか提供されなかっただけでなく、プロセス データの正確さや新製品の市場投入サイクルにも悪影響が及んでいました。
  • 各部門が独自のプロセス管理手法を用いており標準仕様が存在しない: 設計が変更されたとき、各部門が個別に変更を加える必要がありました。こうした方法はエラーが起きやすく、プロセス データ間の不整合を招いていました。異なる部門間での標準化がなされていなかったことも、ビジネスと管理の両面で混乱を引き起こしていました。たとえば、複数のプロセス文書に同じ情報を記載している場合に、マイナスの連鎖反応が生じていました。
  • プロセス文書があまり再利用されない: 派生製品のプロセス文書 (作業指示など) を作成する場合、従業員は標準的な製品と派生製品の違いを 1 つ 1 つ手作業で確認しなければならなかったため、非常に多くの反復作業が必要となっていました。

ソリューション: Windchill MPMLink

大長江では、これらの問題を解決するために Windchill MPMLink を導入することにしました。Windchill MPMLink は、プロセス データと製品設計データを単一の統合システムで管理することによって、設計変更からプロセス変更へのクローズループ型の管理を実現する、強力な製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションです。Windchill MPMLink の導入にあたり、同社では次の事項に重点的に取り組みました。

  • 既存の製品データの利用により、製品の製造プロセスの作成効率を高める
  • 製品間の違いを自動的に識別する
  • 派生製品のプロセスを迅速に作成する
  • プロセス文書の出力により、迅速にコスト効率良く変更を実装できるようにする

以前から PTC のほかのソフトウェア製品やサービスを利用し成果を上げていた大長江にとって、Windchill ベースの PLM 環境の拡張に新しい MPMLink モジュールを利用するのは自然なことでした。Windchill MPMLink は、インストール済みのほかの Windchill モジュールと緊密に統合されているため、プロセス データと製品設計データを単一の統合システムで管理するという目標の達成に役立ちました。Windchill MPMLink の導入の成功は、このモジュールでの最初の成功の 1 つでもありますが、それによって、製造プロセス管理に関連する以下の目標を達成することができました。

  • プロセス文書の作成の自動化によって正確さを大幅に向上させる。
  • プロセス データと製品設計データを単一のシステムで管理する。設計変更からプロセス変更への関連プロセスを標準化する。設計変更からプロセス変更へのクローズ ループ型の管理を実現する。設計データとプロセス データの一貫性を向上させる。
  • プロセス文書の再利用率を高める。ユーザーは、既存の製品データを効果的に利用して、製品の製造プロセスをより効率的に作成できるようになりました。特に、新しいシステムでは、製品間の違いを自動的に識別し、派生製品のプロセスを迅速に作成して、詳細なプロセス文書を出力することができます。
  • MBOM にプロセス情報を追加することで、製造拠点に提供されるガイダンスを向上させる。
  • 異なる部門間でプロセス管理の仕様とプロセスを標準化し、プロセス文書の全体的な維持管理を向上させる。

結果 : 社内全体で同じバージョンの製品データを使用

Windchill MPMLink の導入により、製品プロセス文書の維持管理が大幅に向上しました。

  • 緊密な統合を実現しました。現在は、社内全体が同じ製品データ ソースにアクセスするようになりました。プロセス文書に使用される製品データはすべてソースが同じであるため、製品データの一貫性と標準化が向上しました。
  • プロセス文書の作成と変更が効率化され、プロセス エンジニアは手作業によるデータ入力を繰り返さずにすむようになりました。
  • プロセス データの再利用率が大幅に向上しました。派生製品のプロセスの作成作業が効率化され、1 製品あたり 1 日に 7 人を要していたのが、1 人で済むようになりました。

全体的に見ると、大長江は自社の PLM システムの転換を実現し、その成果はパートナーであるスズキから高い評価を得ました。大長江とスズキの合弁会社では、年間 200 万台までの生産量拡大が可能となり、現在は世界最大のオートバイ工場となっています。この合弁会社では、大長江が導入した PLM システムをそのまま導入しています。その結果、大長江と PTC の戦略的なパートナー関係が構築されました。両社は今後も協力しながら大長江での全社規模の PLM 利用をさらに改善し深めていくことにしています。


大長江と PTC のパートナーシップ

大長江では、2004 年に PDM システムの導入に着手しました。大規模メーカーである同社は、製品に求められる品質水準を確実に満たすために、部門間のコミュニケーションを改善し合理化することができる高度な製品管理システムの確立を望んでいました。

市場調査、製品開発、製造、構成部品の供給からサービスまでに至る同社のプロセスすべてを追跡する必要がありました。追跡するだけではなく、正確なデータを SAP に公開し、製品ライフサイクルにおけるすべてのデータの一貫性、正確さ、トレーサビリティを保証することも必要でした。Windchill PDMLink (製品データ管理)、Windchill ProjectLink (プロジェクト管理)、Windchill ESI for SAP は、このすべての要件を満たす理想的なソリューションでした。導入と展開が完了すると、この PDM システムは事業運営と開発に関する大長江の要件を実現するだけでなく、全体的なコーポレート ガバナンスへのより戦略的な取り組み方を促進しました。

営業実績の拡大を受け、同社では PTC の統合ソリューションをさらに拡張して Servigistics Arbortext を加え、オートバイと関連構成部品のダイナミック パブリッシング システムを構築しました。その結果、中国語と英語の製品カタログを Web で提供できるようになっただけでなく、製品カタログの制作ライフサイクルを 22 日間から 10 日間に 50 % 以上短縮することができました。

現在、大長江では、R&D、製造、購買、供給の各部門で PTC のソリューションが広く利用され、製品設計・開発プロセスの IT アーキテクチャのバックボーンとしての役割を果たしています。そしてそれらのプロセスにより、エンジニアリング部門と製造部門の効果的な連携が実現しています。