富士通

富士通は、ECAD-MCAD データ交換を Creo ECAD-MCAD Collaboration で強化

富士通ロゴFujitsu Network Communications 社は、北米のサービス プロバイダ、ケーブル TV 市場で、IT とキャリア規模の電気通信ソリューションの大手プロバイダです。同社は、スマート イノベーションと富士通研究所による掘り下げた調査を通じて、完全に統合された IT/電気通信ソリューションを提供し、都市の広範な交通網や地方の長距離アプリケーションに対応する従来および次世代のサービスを配信しています。

富士通が促進

目標

  • 大規模データベースを使用した 電子 CAD-MCAD コラボレーションでは、従来の方法によるデータ交換 (IDF など) は難しいとされてきました。異なる部門間で設計全体を交換するのは難しく、変更に関する伝達は手動で行われていました。

ソリューション

  • Fujitsu Network Communications 社は、データベース全体を転送する必要性をなくす方法、より正確には、変更内容を特定し、部門間の情報伝達を管理する方法として、Creo 電子 CAD-MCAD Collaboration (ECX) データ交換の活用について詳細を調査しました。
  • Creo 電子 CAD-MCAD Collaboration (ECX) データ交換は、時間を短縮し、リソースを最適化します。変更は、複数の設計センターで、変更されたタイム ゾーンに関係なく一貫性のある方法で管理されます。

結果

  • 電子 CAD-MCAD データ交換形式として IDX を採用することで、富士通は 電子 CAD部門と MCAD 部門の間で、より効率良く、頻繁にデータを交換できるようになりました。
  • 比較機能を組み込むことで、変更を提案する前にその影響を確認したり、変更を承認または拒否したり、設計の履歴を追跡したりする方法がより自動化されました。
  • Fujitsu Network Communications 社は、これによりエラーの削減、設計サイクル時間の短縮、およびプロトタイプの手戻りの減少が可能になると期待しています。