グローバルなシステム エンジニア リング戦略におけるコア プラット フォームとして Integrity™ Modeler™ を使用

持続可能なモビリティを推進する Alstom Transport 社は、鉄道業界で最も幅広いシステ ム、装置、サービスを開発し、提供しています。 Alstom Transport 社は、車両、信号、インフ ラなどの輸送系全体を取り扱うほか、“ターン キー” ソリューションを提供しています。

課題

Alstom Transport 社は、SysML ( システム モデリング言語) を本当に理解している SysML ツール サプライヤを必要としていました。市場の主な SysML ツールをすべて 徹底的に評価した Alstom Transport 社は、いくつかの重要な条件に着目しました。 それは、SysML 標準への適合性、統合および拡張の容易さ、コラボレーティブな設計、 製品ライン管理機能、およびサポート品質です。

解決策

この評価プロセスで明らかになったのは、Integrity Modeler によってシステム エン ジニアリング手法全体の質が大幅に改善されるだけでなく、プロジェクトの設計に 要する時間とコストを削減できることでした。

「Integrity Modeler により、品質と一貫性が大幅に向上し、設計ライフサイクル全 体の労力が軽減されました」と話すのは、Alstom Transport 社の車両 & コンポー ネント製品ライン担当チーフ システム エンジニアのマルコ・フェロガリニ (Marco Ferrogalini) 氏です。

多国籍企業である Alstom Transport 社のシステム設計プロジェクトには、さまざま な国のチームが参加します。分散した複数のチームにまたがるコラボレーティブな 作業を本当の意味でサポートする開発環境が Alstom Transport 社には必要でした。 重複するアイテムを意図せずに作成してしまうリスクなしに、同じ OMG SysML モ デリング言語を使用して同じモデルで作業することができる Integrity Modeler は、 同社が将来のプロジェクトに向けた目標を達成するために非常に重要な役割を果た しました。

PTC の主力モデリング ツールは、Alstom Transport 社が UML および SysML 標準と OVM (Variability Modeling) に準拠するための技術的な要件を単一の統合ツールセッ トで満たします。Alstom Transport 社は、このツールによって、モデルベースの製 品ライン エンジニアリングを実現し、製品ラインおよび製品ファミリーのモデリン グ、可変オプションについての意思決定、製品インスタンス モデルの生成を可能に しました。これらのモデルは、シミュレーションとトレード研究解析で評価した後、 システムまたはソフトウェアとして実装する設計を伝達および文書化するために使 用できます。

Integrity Modeler の導入により、Alstom Transport 社の設計チームは、同じモデ ルを使用して同時に要件、システム、およびソフトウェアの作業を行い、設計を SysML で伝達および承認できるようになりました。

「Integrity Modeler により、品質と一貫性が大幅に 向上し、設計ライフサイクル全体の労力が軽減され ました」

– マルコ・フェロガリニ (Marco Ferrogalini) 氏
Alston Transport
車両 & コンポーネント製品ライン担当チーフ システム エンジニア

Alstom Transport 社にとってのメリット

  • 一貫性および整合性の改善による設計品質の向上
  • 要件の実装、妥当性確認、検証の間の厳密なトレーサビリティによる開発リスク の低減
  • 既存のモデルの再利用による生産性の向上とエラーの低減、設計期間の短縮
  • 開発チームと利害関係者とのコミュニケーションが向上
  • 標準アーキテクチャの選択や理由に簡単にアクセスできるようにして、知識の 交換を強化
 

 

「Integrity Modeler の導入を選択したことで、Alstom Transport はモデルベースのシステム エンジニアリ ングやモデルベースの製品ライン エンジニアリン グなどの最新の技法を採用することになりました」

– マルコ・フェロガリニ (Marco Ferrogalini) 氏
Alston Transport
車両 & コンポーネント製品ライン担当チーフ システム エンジニア

次のステップ

Alstom Transport 社は、ソフトウェア開発や機械設計などほかの エンジニアリング設計ツールと SysML のシステム モデルを統合す るとともに、SysML モデルをサプライヤやパートナーと共有できる ようにしようと計画しています。将来のプロジェクトでは Integrity Modeler の可変性モデリングおよび製品ライン エンジニアリング の利用を拡大し、再利用、設計での節約、トレード研究を可能にす ることが予定されています。


Download the PDF »