Airbus 社、新ツールとプロセスを活用して市場リーダーとしての地位を強化

プロセスの変革が Airbus 社のサービス ビジネスを改善

Airbus 社のロゴ世界的に著名なこの航空機メーカーでは、Airbus Flight Hour Services (FHS) 部門を立ち上げ、革新的なメンテナンス ソリューションを顧客に提供しています。初期の Airbus FHS では、世界中の一部の顧客サイトで、A330、A380、その他の Airbus 製航空機の修理を行うという標準的な手法を提供していました。

その場合の焦点は、スペア部品のプールでした。これを効率的に管理する同社の能力は、確実に顧客を重視し、利益を生み出す運用を実現するために大いに役立ちました。

FHS 部門のビジネスの拡大に応じて、Airbus 社は新しいソフトウェアと業界をリードするビジネス手法によってその業務を刷新しました。

ビジネス上の課題

新規に立ち上げた FHS 部門のサービス契約数が増加するのに応じて、ヨーロッパとアジア全体で 170 機以上もの航空機のスペア部品の使用状況を予測するために必要な精度を実現するには、スプレッドシートではもう不可能であることが明らかになってきました。FHS Pool 部門は、大規模なテクノロジのアップグレード、つまりプロセスの大改修に取り組まなければなりませんでした。

ソリューション

Airbus 社は、PTC のサービス パーツ管理ソフトウェアを導入し、PTC コンサルタントの協力を得て改革に乗り出しました。PTC グローバル サービスでは、大きな価値を生み出すであろうワークフローの改良点を特定し、部品データの管理と更新のために業界のベスト プラクティスを統合することで、プロセスの変革を成功させました。

結果 (初期)

  • 新しいソリューションにより、FHS のアナリストの作業効率が向上
  • 4 % の部品在庫を販売用と特定
  • 4 % の部品在庫をリース / 交換用とマーク
  • 在庫支出を大幅に最適化

Airbus 社のケース スタディ全文はこちら (.PDF)