熱解析

温度が製品のパフォーマンスに与える影響を調べる

製品にとって暑すぎたり寒すぎたりしていませんか。すべての構成部品が要件を満たすには、どのような調整が必要ですか。

熱解析では、一連の技法により、温度の変化に伴って材料の物理的性質がどのように変化するか分析します。航空機、医療機器、家庭用電化製品などでそうした解析が必須であることは容易に理解できますが、ほとんどの製品で何らかの熱解析を行う必要があります。

Creo Simulate では、熱的条件のシミュレーションを行うことができます。定常熱解析では、一定の熱荷重がモデルに与える影響を解析します。この解析によって、部品内の温度、熱流量、熱流束を特定できます。多くの場合、定常状態解析は、非定常熱伝導解析の前段階として初期条件を決定するために行われます。非定常熱伝導解析は、最も一般的な熱解析であり、時間で変化する負荷に対するモデル内の温度や蓄熱などの熱量を調べます。

ダウンロード可能なデータ シート

Creo Simulate のデータシート

Creo Advanced Simulation Extension のデータシート