構造解析

設計がどのように性能を発揮するのかについて重要な情報を獲得

構造解析とは、意図された使用での故障を避けるために、部品、アセンブリ、機構に対する静定格荷重および動定格荷重の影響を判断することです。"幾何学的バックリング" のような多彩な用語により、部品が故障したときに何が起こるのかの明確なイメージを示します。理想的には、製品開発プロセスの早期段階でシミュレーション主体の設計を開始すべきです。それが、より早期における欠陥の発見、コストの算出、設計の迅速化、製品の品質向上につながります。エンジニアであれば誰でも基本的なシミュレーションを行えます。

たとえば、ある部品のどのポイントで故障が発生するのかを確認するために、シミュレーションを実行するとします。Creo Parametric を使用していれば、タブをクリックして Creo Simulate (拡張機能として使用可能) に移動するだけです。反力荷重を Creo Simulate に入力し、構造解析を定義すれば、数回のクリックで実行できます。結果を分析し、変更を加えてからシミュレーションを再実行することが可能であり、作成し直す必要はなく、実行後はソフトウェアに任せておけます。Creo Simulate は、スタンドアロンのアプリケーションとしても使用できます。

 

以下に、実行できる解析の一部を例として挙げます。

  • 線形静的構造解析
  • 小変位接触による静的構造解析
  • 固有値構造解析
  • 線形座屈構造解析

高度な非線形効果の解析については、Creo Simulate の拡張機能である Creo Elements/Direct Advanced Simulation が用意されています。

ダウンロード可能なデータシート

Creo Simulate のデータシート

Creo Elements/Direct Advanced Simulation のデータシート