FEA (有限要素解析)

プロトタイプを作成する前に熱と構造に関する複雑な問題をシミュレーションすることによって、製品設計を改善

有限要素解析 (FEA) は、構造と熱に関する複雑な問題をモデリングするために数学的手法 (FEM - 有限要素法) を実用化したものです。

一般的な用語としての FEM は、未知の構造的動作を伴う複雑なジオメトリを、既知の構造的動作を伴う有限数の単純なジオメトリ要素 (FEM メッシュと呼ばれる) に分割する手法です。要素の境界で、変位は隣接する要素と同等であり、行列方程式が作成されます。解が得られると、ポストプロセッサを使用して、結果をグラフィカルに確認できます。表示される結果には、力が加わったときにモデル内で発生する応力、ひずみ、および変位が計算されて示されます。

FEA によってシミュレーションが可能となり、特に構造解析熱解析に役立ちます。 

一般に、エンジニアは Creo Simulate やその拡張機能などのシミュレーション ソフトウェアを使用して、線形的および非線形的な問題に関して構造、熱、モーダル、座屈 (座屈解析)、動的など、さまざまな解析を行います。基本的なシミュレーションは、すべてのエンジニアの仮想ツールキットに含めることが可能で、またそうあるべきです。

FEA の計算結果を使用すると、設計を変更し、さまざまな解析を簡単に繰り返し行うことにより、設計を最適化できます。設計プロセスの早期段階にシミュレーションを組み込むことで、コストの高いプロトタイプや後期段階での設計変更の必要性を減らせるだけでなく、製品性能、長期性能、および安全性を向上させることができます。

ダウンロード可能なデータシート

Creo Simulate のデータシート

Creo Advanced Simulation Extension のデータシート