Creo: シミュレーション ソフトウェアの機能

最高品質の仮想モデルを作成し、プロトタイプの作成前にテストする

シミュレーション ソフトウェアの利点

リハーサルをせずに舞台に上がったり、勉強をせずに試験に臨むことなどあるでしょうか。テストと解析をせずに製品をリリースすることがないのも同様です。シミュレーション ソフトウェアを使用すると、高い学位を持っていなくても、製品を手早く簡単に検証できます。シミュレーション ソフトウェアには、ビジネス上の大きな利点があります[インフォグラフィック]Simulation

シミュレーションがいかにシンプルで、迅速に実行できるかをご確認ください


 

シミュレーションは仮想の数学的プロセスであり、これによってコンピュータはある "実世界" の条件を表すように意図された入力データを処理します。理想としては、製品を使用する状態の応力と荷重を記述し、シミュレーション結果に基づき設計上の欠陥を修正するかその発生を防止することです。
しかし、シミュレーションは、すでに決まっている設計を完成させるだけのツールではありません。
シミュレーションでは、イテレーションを繰り返し、考案した各イテレーションをテストするのではなく、設計を最適化することができます。実行可能性と最適化に関する検討を行うことで、目標を達成できます。たとえば、最大許容応力を超えないように部品の厚さを最適化したい場合、測定できれば、最適化できます。詳細については、電子ブックをお読みください。simulation software

 

基本的なシミュレーションはエンジニアなら誰でも十分に対応できます。解析担当者が 20 の細かな問題ではなく重要な問題 5 つに集中して取り組むことができたら、市場に製品を投入するまでの期間を大幅に短縮できると思いませんか。
確信がないという方は、オンデマンドのオンライン セミナーをご覧ください。主要なシミュレーション機能をご紹介し、プロセスの中でそれらを使用する方法、タイミング、理由についてご説明しています。

Creo: シミュレーション ソフトウェアの機能

Creo 製品スイートには相互運用可能なさまざまなシミュレーション ソリューションが用意されており、それらすべてに簡略化されたユーザー インタフェースと直感的なワークフローが備えられています。データ変換や難解な数式、謎めいたスキルを急いで習得する必要もなく、数回クリックするだけで、設計寿命に都合が良いようにシミュレーションを簡単に合わせることができます。

Creo SimulateCreo Parametric と緊密に連携し、熱解析および構造解析に関する解析を行う包括的な FEA (有限要素解析) 機能を備えています。制約条件、荷重、フォースを当てはめるだけで、ソフトウェアが結果を出します。必要に応じて入力内容を変えながら、最高の製品を追求することができます。

特殊な要件がある場合でも、シミュレーションによってコスト、時間、やり直しを減らすことができ、フラストレーションも軽減します。プラスチック部品の設計者はMold Analysisを行って、金型設計に取り組む前にプラスチック フロー動作のシミュレーションを行う必要があります。機構設計は、重力や摩擦などの動的外力の下で機構の動作をテストする必要があります。また、設計者はTolerance Analysisし、Fatigue Analysisを行って、金属構造解析の寿命を予測することもできます。

シミュレーション ソリューションを選択、導入するためのツールキット