Creo Piping and Cabling Extension (PCX)

3D 配管・配線を自動化

製品設計では、最適な配管・配線経路を決定することが、きわめて困難な場合があります。最適な経路がわからず、それを示す明確な文書がないまま設計を進めると、製品コストが上昇し、設計サイクルが延びて、品質の問題が山積し始めます。そこで必要になるのが、厄介な作業を回避できる、製品設計プロセスに組み込まれたソリューションです。

Creo Parametric の拡張機能である Creo Piping and Cabling Extension (PCX) を使用すると、どのような業種でも配管・配線システムをすばやく簡単に作成できます。2D 回路図から作業を開始しても、3D 環境で配線・配管を直接行っても構いません。どちらを選択しても、Creo PCX で回路図の論理データを使用して、3D コンテンツの作成を自動化できます。どのように変更しても、製造ドキュメントに反映されます。設計サイクルを短縮し、より短期間で市場に投入することができるので、時間とコストの節約につながります。これこそが、望ましい "経路" です。

Creo Piping and Cabling Extension

  • 回路図の情報や製造ドキュメントを取り込んで、文書化できます。
  • 回路・配管設計、仮想プロトタイプ、製造ドキュメントなど、必要な回路・配管情報すべてを自動的に取り込むことでエラーを最小限に抑え、時間のかかる作業を削減します。
  • 経路設計の完全な自動化により、製造、コスト、保守性において最適な経路を迅速に決定します。
  • 仕様に基づく設計により、設計規則やロジック規則を確実に順守します。
  • カスタマイズ可能なライブラリに格納された標準的なシンボル、コネクタ、継ぎ手の再利用により設計時間を短縮します。
  • バーチャル干渉チェックや製造性の自動検証により物理的なプロトタイプの作成が不要になり、コストと設計時間を削減します。
  • 等角投影図、ベンド テーブル、BOM などの正確なドキュメント作成により、低コストの製造が可能になります。

Creo Piping and Cabling Extension のデータシートをダウンロードする


PTC Creo PCX - 3