電子ブック: マルチ CAD データによる統合設計


マルチ CAD 環境における設計コラボレーションの改善

CAD テクノロジに関するアナリスト電子ブック

控えめに言うと、多種類の CAD ツールを使用することで設計がより困難になる場合があります。設計者は、モデルをインポートして開き修正する際の細々とした作業で立ち往生することが少なくありません。実際の設計作業はマルチ CAD 環境の限界によって制限されます。

設計者が、その方が簡単だという理由だけでモデルの再作成を繰り返すことがあってはなりません。エンジニアがジオメトリのクリーンアップのために何時間も骨を折ることもあってはなりません。彼らに代わってソフトウェアが 3D データを処理すべきです。MultiCad Data Unified Design book cover

Lifecycle Insights のアナリストのチャド・ジャクソン (Chad Jackson) 氏もこれに同意しており、自著の電子ブック『マルチ CAD データによる統合設計』(Multi-CAD Data, Unified Design) で、新しいテクノロジやツールが時間を取り戻すために役立つと述べています。この電子ブックでは、多様な設計ツールのデータをシームレスに開いて (インポートせずに) 簡単に修正できるようにする方法を紹介しています。

  • マルチ CAD データでの作業が最終的な収益に及ぼす影響
  • さまざまな設計ツールで作業を行う際の課題
  • 設計エンジニアの生産性を高めるソリューション

チャド ジャクソン氏の紹介

Lifecycle Insights の主席アナリストであるチャド・ジャクソン (Chad Jackson) 氏は、CAD、シミュレーション、PDM、PLM などのエンジニアリング テクノロジの第一人者です。これらのテクノロジを活用してエンジニアリング部門の設計と開発のプロセスを改善する方法についての調査、出版、ブログ、講演を行っています。