リバース エンジニアリング

既存の物理製品を 3D CAD モデルにすばやく変換

リバース エンジニアリングとは、3D 測定器 (CMM)、レーザー スキャナ、構造化光デジタイザ、CT などの 3D スキャン テクノロジを使用して物理的なオブジェクトを測定することで、実際の製品から 3D CAD モデルを作成するプロセスのことです。結果の点群データが 3D CAD モデルの基礎になります。

実際的な言い方をすると、リバース エンジニアリングは既存の知的財産を再利用するための迅速な方法です。特に、どのように製作されたかが不明で、図面が失われていると考えられる製品に取り組む場合に役立ちます。リバース エンジニアリング機能によって、多くの課題に直面したときに利用できる十分な柔軟性が提供されます。

Creo Parametric の拡張機能である Creo Reverse Engineering Extension (REX) により、物理製品の電子的な 3D CAD モデルを作成または再作成できます。しかも、時間、労力、コストは少なくて済みます。難しい形のクレイ モデルでも、工業用取付板のスキャン データでも、Creo REX がそのリバース エンジニアリングを支援します。

Creo Reverse Engineering Extension の特長とメリット

  • 既存の物理製品の精密な仮想レプリカを作成できます。
  • 既存の設計を再利用し、中止された設計または見つけるのが困難な設計を活用する自社の能力を高めることができます。
  • 点群を微調整し、迅速にギャップを埋めて、スキャンされた点群データから自動的に精密な表面を生成します。
  • 製品の設計とリバース エンジニアリングに同じ CAD (コンピュータ支援設計) プログラムを使用することで、ワークフローを簡素化すると同時に、学習の負担を軽減できます。
  • 効率的なマス カスタマイズを単一の設計から可能にすることで、より効率よく市場ニーズに対応できます。