Web キャスト: 後期段階での設計変更


Creo Flexible Modeling Extension がお客様の生産性向上のために設計された経緯を、製品マネージャから直接お聞きいただけます。

この Web キャストでは、PTC 製品マネージャのドン・ブレダ (Don Breda) と、PTC アプリケーション エンジニアのアンドルー・ハリソン (Andrew Harrison) が、ダイレクト モデリングとパラメトリック モデリングが 1 つの環境でシームレスに組み合わされることでどのように時間が節約されるのかを説明しています。このデモでは、後期段階での設計変更のために、パラメトリック環境内でダイレクト モデリングの威力を活用する方法を紹介します。

このデモは次のことを目的としています。

  • Creo が、設計意図を損なうことなく後期段階での設計変更をサポートする方法を確認する
  • パラメトリック環境におけるダイレクト モデリングの高速でフレキシブルな機能を体験する
  • Creo のダイレクト モデリング向けのオプションについて理解する
  • ダイレクト モデリングを自社のプロセスのどの部分で活用できるかを理解する

ドン・ブレダの画像ドン・ブレダ (Don Breda)、Creo 製品マネージャ、PTC

ブレダは、Creo Parametric のコア モデリング、スケッチャー、板金設計、溶接、Flexible Modeling Extension を担当しています。2001 年に PTC に入社して以来、テクニカル サポートや営業を含む複数の部門に所属してきました。直近の 5 年間は PTC の MCAD 製品管理部門で Creo 製品ファミリーを担当していました。PTC 入社以前は、ソフトウェア開発のプロフェッショナル、建設プロジェクト マネージャとしての経験を積んできました。ウースター工科大学の土木工学部で理学士の学位を取得しています。


アンドルー・ハリソンの画像アンドルー・ハリソン (Andrew Harrison)、アプリケーション エンジニア、PTC

ハリソンは、現在の役割として、PTC の幅広い CAD スイートに対する理解と価値を高めるため、潜在顧客やお客様向けのテクニカル プレゼンテーションを作成して提供しています。PTC 入社以前は、世界的な製造メーカーでエンジニアリング サービス部門に属していました。