Creo Elements/Direct Model Manager

製品データ管理を設計プロセスに統合

今こそ、大切にラップトップに保存した電子ファイルや机にしまった紙のファイルすべてをチェックすべきときです。これは設計チーム全員に必要なデータが保存された重要なライブラリであるため、ライブラリにアクセスするための独自のシステムが確立されていることは重要なポイントです。まずは、再利用したい 2D 設計から手を付けましょう。そうすれば、その部品に関する製造部門からの質問に答えられるようになります。

Creo Elements/Direct Model Manager では、製品データ管理が設計プロセスに統合されるため、チームの作業内容を追跡し、製品に関する最新の情報に容易にアクセスできます。エラーや混乱の起こりやすい、場当たり的なシステムはもはや不要です。Creo Elements/Direct Model Manager により、ファイルの所有権、リビジョン、モデル設計状態をシームレスに管理できます。ワークフローを中断したり、データの整合性について頭を悩ませたりする必要がなくなります。

Creo Elements/Direct Modeling と緊密に統合できる Creo Elements/Direct Model Manager は、あらゆる規模の組織に適しており、15 分でインストールできます。一元化された単一のワークグループ データベースとツールで、製品ライフサイクル全体を調整することが可能です。製品データ管理を完全に把握できるため、最良の製品を開発することに専念できるようになります。

Creo Elements/Direct Model Manager のメリット

  • 開発のスピードアップとコストの削減
  • 記録システムとして機能
  • ビジネスの拡大にも対応できる拡張性に優れたデータ管理
  • プロセスの合理化

Creo Elements/Direct Model Manager のデータシートをダウンロード

Creo Elements/Direct Model Manager の拡張機能: