Creo View 評価版のリクエスト

Creo View for MCAD を使用すると、あらゆる形式のデジタル製品データについて表示、マークアップ、操作、コラボレーションが可能になります。

デジタル製品の大量のコンテントを共有します

製品開発には、ソースの異なる多様なコンテンツが介在します。多くの製造メーカーが直面する大きな問題の 1 つは、製品開発プロセス全体で作成された大量のデジタル製品コンテンツをいかにして効率的に共有するかということです。Creo View for MCAD を使用すると、あらゆる形式のデジタル製品データについて表示、マークアップ、操作、コラボレーションが可能になります。

下のフォームに入力して Creo View for MCAD または Creo View Lite の完全評価版をリクエストすると、Creo View のすべての機能をお試しいただけます。

完全評価版には、以下の機能が追加されています。

  • 画像フォーマット (BMP、JPG、GIF) および PDF ドキュメントの表示
  • レイヤーとグループの表示
  • アノテーション、マークアップ、ウォーターマークの作成、保存、削除
  • 断面の作成および定義
  • 保存 (Creo View) およびエクスポート (2D 画像フォーマット、IGES、STEP、VRML、DXF)
  • 部品プロパティ (色、スタイル、場所、名前) の編集
  • C作図用ジオメトリ (点、平面、軸、曲線、座標、直線) の作成
  • 分解アセンブリ ビューの作成

無料ダウンロード版とその他の Creo View バージョンの比較ははこちらをご覧ください » (.PDF)