シミュレーション製品

現実世界での製品設計の動作を確認する

解析部門を支援すべき理由は何でしょう?

Creo の一連のシミュレーション ソフトウェアおよび機能を使用すると、開発プロセス全体で製品のシミュレーションを実行できるため、物理的なプロトタイプ作成コスト、設計サイクル時間、解析部門のバックログを減らすことができます。基本的な設計問題を早期に解決すれば、プロトタイプ作成時に解析部門はより高いレベルの問題に集中できます。その結果、最適化された製品を低コストで開発し、市場投入期間を短縮することができます。

Creo Parametric

Creo の主力アプリケーションに含まれている機構設計ツールを最大限に活用しましょう。機械的な接続を作成し、動的干渉チェックを行いながらキネマティック アセンブリの動作をシミュレートできます。準備ができたら、解析を実行して、位置、速度、加速度に基づいて設計がどのように動作するかを確認できます。

その他にも、Creo にはほとんどの特殊なニーズに対応できるシミュレーション機能があります。

Creo Simulate

シミュレーションに基づく設計が簡単にできるように、Creo Simulate を使いやすくしました。製品を解析にかけるまでに、メッシュ生成、構造解析、熱解析、後処理、最適化などの包括的な有限要素解析 (FEA) 機能を使用して、ほとんどの問題は解決しているでしょう。Creo Simulate は、スタンドアロン製品として、または Creo の拡張機能として利用できます。

Creo Elements/Direct Advanced Simulation

Creo Simulate または Creo Parametric の拡張機能です。この組み合わせによって、さらに強力なシミュレーション機能が提供されます。線形解析の一歩先を行く Creo Elements/Direct Advanced Simulation は、荷重条件が弾性域を超えて塑性変形に拡大されたときの理解力を高めます。


以下の拡張機能の詳細を確認してください。

Tolerance Analysis: 幾何公差 (GTOL) を視覚化して、製品のすべての構成部品が適切に組み合わされるようにします。

Creo Mechanism Dynamics Option (MDO)重力や摩擦などの現実世界の力がかかった状態での製品の動作を解析します。

Mold Analysis:  プラスチック部品の射出成形をシミュレートします。

Fatigue Analysis:  荷重載荷と荷重解除が繰り返された場合の製品のパフォーマンスを解析します。

Creo Spark Analysis Extension:  3D 電気機械設計の安全性と信頼性を高めます。

Creo Manikin Analysis Extension:  デジタル人体モデルを設計に挿入し、人間工学やヒューマン ファクターの問題を調査します。

ダウンロード可能なデータ シート

Creo Simulate のデータシート

Creo Elements/Direct Advanced Simulation のデータシート