構想設計

適切なツールとベスト プラクティスの活用による構想設計の改善

構想設計を改善

多くの製造メーカーは、より多くの選択肢を検討し、より革新的な製品を投入するために、より多くの構想設計を行いたいと考えています - ただし、スケジュールを延長することなく。設計者たちがこの課題をどう見ているかについては、こちらをご覧ください。
同じ期間内により多くの設計を行うことは、単純なことのように思えます。ではなぜ、それほど難しいのでしょうか? 理由は 2 つあります。構想の初期段階で複数の設計者が同じツールを使用することはめったにないこと、また多くの企業が構想設計と詳細設計に異なるソフトウェアを使用していることです。このため、新しいアイデアを生み出すために費やせていたはずの時間が、代わりにデータの再作成と設計意図の維持に費やされてしまいます。

ここで朗報です。Creo には、検討する構想の数を最大限に増やし、重複した作業を回避できる、構想設計および詳細設計用の統合ソリューションがあります。また、PTC は構想設計を改善するための 5 つのステップを特定しました。

Creo の構想設計ソリューション

2D スケッチ

紙の上のように簡単にアイデアをスケッチするには、その名が表すとおりの機能を持つ Creo Sketch を使用します。これはカラーと特殊効果も含む便利な無料のツールです。デジタルの図面を最終作品として完成させることも、そのまま 3D に変換することもできます。


紙の上のように簡単にアイデアをスケッチするには、Creo Sketch: 無料の 2D CAD ソフトウェア を使用します。これは便利な無料スタンドアロン アプリケーションで、カラー エフェクトと特殊エフェクトも含まれています。したがって、作成したデジタル描画を完成した芸術作品に変えることができます。

2D の構想エンジニアリング

多くのチームは、構想エンジニアリングに 2D ツールを使用し、その後で 3D モデルに移行して、最終成果物を仕上げています。これはエンジン、タービン、ローターなど、対称軸を備えた機械設計で一般的です。Creo Layout: 2D CAD ソフトウェア を使用すれば、2D で作業を行い、2D の構想を Creo Parametric の 3D モデルにシームレスに移行することができます。


フリー形状の有機的なサーフェス作成

PTC Creo Parametric のフリースタイル機能を使用すると、フリー形状サーフェス設計を使用して構想を設計できます。また、フリースタイル機能で作成したサーフェス ジオメトリはパラメトリック CAD フィーチャーであるため、即座に再利用してソリッド ジオメトリを作成できます。このため、設計チームは、ほかのジオメトリと同様に、エンジニアリング フィーチャーを追加できます。



フレキシブルまたはダイレクト モデリング

新しい構想が "新規" であることはまれです。多くの場合は、以前の設計から派生したものか、以前の設計を改良したものです。ここで威力を発揮するのがダイレクト モデリング ソフトウェアです。PTC Creo は、設計拘束を心配することなく、既存のジオメトリを手早く簡単に編集するためのフレキシブル モデリング アプローチを実現します。

秩序ある構想設計

大部分の 3D CAD システムは、さまざまなアイデアを試し、追跡するには不向きです。構想設計の各バリエーションが最終的に別々のファイルになり、構想設計がまるで宝探しのようになってしまうことが少なくありません。PTC Creo Design Exploration Extension では、1 つのモデルをベースラインとして定義し、さまざまなバリエーションを試して、チェックポイントとブランチを作成することができます。個別のファイルは不要です。クリックするだけで、どの段階の設計でも取得することができます。



レンダリング

最後に、見る者をあっと言わせるような構想設計が必要な場合は、PTC Creo の最新のレンダリング オプションをご検討ください。

PTC の構想設計ツールの詳細をご確認ください。