Computer Aided Verification

加工部品とアセンブリを実質的に検査し、その品質を保証

Computer-Aided Verification (CAV) は、部品の 3D スキャン データを既存の CAD データと比較する検査手法です。 

これは、部品が承認された寸法で製造されていることを確認する、コスト効率が高く効果的な方法です。ご自分ですべての部品を確認したり、工場の外にテントを張って目を光らせる必要はありません。 

Creo Computer-Aided Verification Extension は、この問題をコストをかけずに間違いなく解決します。加工部品とアセンブリをデジタル処理で検査し、その品質を保証するとともに、CMM (3D 測定機) とレーザー スキャナの両方をサポートします。この統合デジタル品質チェックにより貴重な時間、労力、および経費が節約されます。QA プロセスに絶対の自信を持てることが最も重要なポイントです。

絶対の自信を持てることは、お客様だけでなく、その顧客にも、またお客様の予算にとっても朗報です。