CNC (コンピュータ数値制御) ソフトウェア

ミリング、ターニング、ワイヤ放電加工 (EDM) を使用した製品部品の直接切削および形状加工

CNC (コンピュータ数値制御) マシンとは、人間ではなく CAD データが操作するマシンです。機械加工は、部品の公差や仕上げの要求が厳しいときに使用されます。 

機械加工プロセスでは、制御された方法で材料を除去して金属を成形します。プリズム加工では、1 回で 3D 形状を切り出します。最もよく使用される手法の 1 つであるミリングでは、材料を除去します。ターニングは、その言葉のとおり旋盤に対して部品を回転させます。ワイヤ放電加工 (EDM) では、従来の方法で材料を切断するのではなく、帯電したワイヤを使用して材料を気化させます。  

これらのプロセスを制御し、CAD ソフトウェアと統合することは、効率性、部品の精度、および製品の品質の面で非常に重要です。


Creo Prismatic and Multi-Surface Milling は、製品のプリズム加工用の仮想ミリング "スペシャリスト" です。

Creo Compete Machining Extension により、ほぼすべての種類の NC マシンを操作できます。また、同時に設計者とも連携して、設計変更を自動的に組み込むこともできます。

Creo Production Machining は、設計とのシームレスな互換性も備えており、変更が自動的に反映されます。その結果、開発期間を短縮でき、顧客対応力が向上します。

PTC Creo CMX-MULTI_TASK_TURN_ZOOM1