Creo Parametric: フレーム構造および溶接設計

さまざまな構造物を容易に設計

フレーム構造設計では、目的の積載条件を実現できるように構成要素の配置とサイズを選択します。エンジニアは鉄骨フレームとアルミ製フレームを使用し、無線塔から機械まで、あらゆる製品の頑丈で耐久性のあるフレームを設計します。ただし、構成要素を 1 つ 1 つ設計し、それらを手作業でトリミングしていたのでは、設計に長時間かかってしまいます。新しい PTC Creo AFX

Creo Parametric なら、この設計プロセスを短時間で容易に、低コストで行えます。設計者の生産性を高めるため、構造設計のワークフローを考慮したユーザー インタフェースとなっています。フレームをスケッチし、断面プロファイルを選択した後、複数の構造物をすばやく作成できます。さらに、作成した構造物は自動的にトリミングされます。数回クリックするだけで、各フレーム要素の最新の設計図面 (2D 溶接ドキュメントを含む) と BOM が生成されます。

さまざまな構造物の設計も容易です。まず、断面、接続部、ジョイントなど、多数の部品が収められたライブラリにアクセスします。工業規格準拠の各種鋼材およびアルミの断面形状、アングル、エンドプレート、ボルトなどから、必要な要素を選択します。考えが変わったときや、他の設計案を試したいときは、マウスをドラッグして要素を移動したり、回転したりするだけで、すばやく簡単に設計を修正できます。高度な機能が必要な場合、または大規模なアセンブリを使用する場合は、Advanced Structural Framework Design を追加してください。

Creo Parametric では、溶接モデリング機能を備えたさまざまなツールを組み合わせることができます。たとえば、組み合わせツール、溶接設定、溶接注釈、軽量溶接とサーフェス溶接の簡易切り替え、記号から溶接を変更する機能などがあります。また、質量特性、クリアランス、干渉、製造コストなどの重要な情報を溶接モデルから取得することもできます。

Creo Advanced Framework Extension のデータシートをダウンロード