Creo Parametric: 板金設計

板金のパンチとベンド

板金設計は、製品の要件に応じて板金のカット、ベンド、パンチを行えるようにジオメトリを定義するプロセスです。板金設計者は業界に関係なく、スクラップの削減、コストの管理、製造しやすさの向上、最適な製品の迅速な市場投入といった同じ懸念を抱いています。板金

Creo Parametric には、板金設計の基本機能が含まれており、当て推量や無駄を排除すると同時に、すべての作業をきめ細かく制御することができます。ゆがんだ定規を使わないのと同様に、板金設計という目的に特化していない機能で妥協すべきではありません。目的に特化した機能とは、板金に特有の特徴や要件を考慮に入れたものです。

Creo Parametric を使用すると、ウォール、ベンド、パンチ、ノッチ、フランジなどを簡単にすばやく作成できます。物理的なプロトタイプを作成する前に、部品のベンド、平展開、カット、パターンをすべて製造に適した方法で行うことができます。また、成形状態および平展開の板金設計を同時にプレビューすることもできます。1 回のクリックで、ソリッド部品を板金に変換するか、3D ジオメトリからフラット パターンを自動生成することができます。

拡張機能が必要な場合は、Creo Parametric の拡張機能である Creo NC Sheetmetal Extension により、標準ツールおよびフォーム ツールを使用してツールパスを自動的に作成し最適化することによって、生産性が大幅に向上します。自動ネスティングを使用して歩留まりを最大化し、スクラップ コストや材料費を削減し、開発期間を短縮します。

Creo NC スイートおよびツーリング ソリューションのデータシートをダウンロード