部品とアセンブリのモデリング

3D 部品とアセンブリのモデリング

3D 部品とアセンブリのモデリングは、部品またはアセンブリの設計意図を 3D 仮想モデル (物理的実態をほぼ表現したもの) によって正確かつ明確に記述する CAD 手法です。

コンピュータ援用設計 (CAD) ソフトウェアが登場する前は、高度なトレーニングを受けた機械製図者が一連の 2 次元図面を作成して、部品や複雑な製品全体を表現していました。当時、ユーザーは、多数の平面画像を組み合わせたとき、さまざまな角度からどのように見えるかを想像するという、非常に困難で煩雑な作業を行っていました。プロトタイプの段階にならないとエラーが検出されないことが多かったのも、不思議ではありません。このプロセスがいかに困難であるかを考えれば、優れた製品を生み出すことよりも、不測の事態を管理することに製品開発の重点が置かれかねないということも想像に難くありません。

従来の 2 次元図面も使うことはできますが、仮想の作業用モデルを構築し、画面上で分解して詳細を確認できると、製品設計がより迅速かつ簡単になり、コストも抑えることができます。つまり、このソフトウェアを使用することで、想像力をはたらかせてモノを作り出し、アイデアをふくらませて、より良い設計と真のイノベーションを実現するための道が開かれます。

Creo Parametric を使用すると、モデルの複雑度にかかわらず、正確なジオメトリを作成できます。数十万個の部品で構成される航空機のアセンブリにも対応します。ユーザー インターフェースが直感的なため、短期間で機能を使いこなして、各コンポーネントの正確な機能をさまざまな視点から確認することもできます。また、リアルタイムの干渉検出機能も用意されているため、設計上の問題を早期に訂正することが可能です。ラウンド、面取り、穴などのエンジニアリング フィーチャーをビルドすることも、設計の全体像を把握することもいたって簡単です。すぐに読み込むことができる軽量版のアセンブリで作業したり、簡略版のアセンブリをその場で作成することもできます。色、テクスチャ、反射などを自在に追加できます。

設計者の希望どおりの設計を行うことができます。

Creo Parametric のデータシートをダウンロード