機構設計

機構のパフォーマンスをテストする

機構とは、運動や力をソースから出力に伝える機械装置です。機構設計は手間がかかります。機構は特定の用途や製品アセンブリ向けに作成および改良する必要があるからです。

製品は、その構成要素の機構とアセンブリが機能しないと意図したとおりに動作しません。そして、プロトタイプの段階に達した製品より、3D CAD の段階の製品を調査する方が簡単で低コストです。何かに不具合が出た場合は、それを改良するために間違いなく週末が犠牲になります。

Creo Parametric を使用すると、設計プロセスの最初から機構設計と運動解析の主要機能を利用できます。まず、ピンや歯車などの機械的な接続を使用してアセンブリを作成します。機械的な接続を使用すると、ある状態に固定されたアセンブリではなく、完全に機能する機構の仮想的な表現が得られるため、動作を解析できます。これで、モデルの運動学的挙動を調べて、運動の問題の干渉と範囲をチェックしたり、必要に応じてモーション エンベロープを開発したりできます。

Creo Parametric の拡張機能である Creo Mechanism Dynamics Option (MDO) には、機構を設計し、実環境の応力下でテストするための幅広い機能があります。アセンブリの可動構成部品で力と加速をシミュレートすることも、スプリング、モーター、摩擦、重力などの動的な影響を組み込むこともできます。

設計中に "実環境の応力" と同じようなストレスを感じることがあるなら、PTC のソフトウェアをご検討ください。もっと効率的に設計し、もっと早く間違いを見つけ、もっと迅速に市場に投入することができます。ストレスから解放されるでしょう。


Creo Mechanism Dynamics Option のデータ シートをダウンロードする