Creo Parametric: ハードウェア ライブラリ

ワークフローを高速化

台所で行方不明になった調理器具やテイクアウト メニューを捜索するときのように、本当に必要なものを見つけるには時間と労力を費やす必要があります。ここで、設計プロセスについて考えてみましょう。標準コンポーネントを作成し、それらを配置してアセンブリするために、どれぐらいの時間とコストを浪費していますか? ファスナーについて悩むのではなく、優れた製品を設計することに集中すべきです。 

Creo Parametric のハードウェア ライブラリは、ワークフローを高速化します。よくあるハードウェアのモデリングに無駄な時間をかけるのはやめましょう。PTC Creo Parametric - ファスナー ライブラリ総合的なカタログ (ANSI、DIN、および JIS) を含むライブラリから、正しいねじ、ボルト、ナット、ワッシャーを選ぶだけです。ソフトウェアが自動的に適切なサイズの穴を作成し、構成部品をアセンブリするため、設計に集中できます。

ファスナーの拡張機能が必要な場合は、Hardware Library Customization を使用します。

Creo IFX を使用すると、完全にカスタマイズ可能で、より大きく豊富なファスナー ライブラリ (ダボを含む) を利用できます。ライブラリの幅広いファスナーを利用しながら、プロジェクト固有のハードウェアや企業標準のハードウェアを追加できます。アクセスしやすい 1 カ所にすべてが揃っています。 

これで必要なものは入手できました。次はこのソフトウェアによって、ワークフローをさらに効率的なものにすることができます。さらなる配置オプションや、ファスナーが正しい長さであることを確認する設計検証ツール、アセンブリ参照を生成しなくてもファスナーをアセンブリする機能があります。これらの多くは自動で行われ、すべてが使いやすいものです。Creo IFX により、生産性の向上、コストの削減、大幅な時間の節約を期待できます。ぜひご活用ください。