人間工学 / ヒューマン ファクター

設計ミスの回避

人間工学は "ヒューマン ファクター" とも呼ばれ、人間と物理的なシステムとの相互作用に目を向け、両者のあり方を最適化しようという考え方です。

製造業界では、任意の潜在ユーザーによる自社製品のテストが当たり前になっていますし、こうしたテストは必ず実施しなければなりません。PTC_Creo_Manikin_Extension製品をテストしなければ、たとえば、車を購入したお客様がカーラジオを操作できなかったり、サービス技術者が製品を修理する際、指示どりに作業できない、といった事態が発生します。物理的なプロトタイプの作成段階に入ってしまうと、こうした設計エラーは見つけるのが難しく、見つかっても修正にコストがかかります。そのうえ、会社の利益も信用も低下しかねません。

必要なのは、実際の "人" を想定してテストすることです。Creo Parametric を使用すれば、3D 製品モデルにマネキン (人体模型) を挿入し、人間工学的な不整合を早期に発見できるので、プロトタイプの作成コストが減少します。

Creo Parametric には拡張機能も用意されています。Creo Manikin Extension では、マネキンをカスタマイズし、マネキンの周囲または視野内の状況を確認できます。Creo Manikin Extension のアドオン ソフトウェアである Creo Manikin Analysis Extension では、同じ動作 (上げる、下げる、押す、引く) を繰り返し実行する際のユーザーの快適さを評価できます。

これらのアプリケーションを併用することで、人間工学的な視点を、迅速かつ容易に、低コストで設計プロセスに取り入れることができます。

Creo Manikin Extension のデータシートをダウンロード