設計の最適化

最適な設計を作り上げるためのシミュレーション ソフトウェア

予算を切り崩す試行錯誤のテストを好んでやっているのでないなら、プロトタイプ段階に至る前に設計を最適化することは理にかなっています。時間や費用を節約し、多くの気まずいミーティングを排除できます。顧客の意図どおりに機能する製品をすばやく低コストで市場に投入できることは言うまでもありません。BMX 3

指定したパラメータ内で CAD ソフトウェアが最良の設計を自動的に決めてくれたらすばらしいと思いませんか? それが何日もかけずにできたらどうですか? Creo Parametric の拡張機能、Creo Behavioral Modeling (BMX) を使用すると、この願いがかないます。何時間もかけて設計に変更を重ねても、最良の結果にたどり着かないのではないかという不安に別れを告げましょう。

Creo BMX を使用すると、パラメータを最適化して目標を達成できます。プロセスは簡単です。パラメータ、範囲 (設計の一部がフレキシブルな場合)、設計目標を入力します。Creo BMX が繰り返しテストして適切なソリューションを特定するので、ユーザーはそのソリューションを承認するか、拒否するか、あるいは基礎設計として試しに使用することができます。さまざまなシナリオをテストしてみましょう。ユーザーは PTC Mathcad やサードパーティ ソフトウェアの計算結果を簡単に取り込んで設計を直接行うこともできます。データを手動で転送するという退屈でリスクを伴う作業は必要ありません。設計が進むと、Creo BMX はこれらの初期分析結果を足がかりに、"インテリジェント" な設計を作成します。

Creo BMX を使用すれば、わずかな労力、時間、費用で設計を最適化できます。Creo BMX がなければ、これらはその何倍にも膨れ上がります。

Creo Behavioral Modeling のデータシートをダウンロードする

BMX 2