Creo 付加製造のための設計

3D プリントのための設計プロセスを合理化

製造部品に付加製造 (3D プリント) を使用するのは、障害物競争のコースを走るようなものです。途中で作業を中断して問題を修正しながら、製品データを数種類のソフトウェアに通し終えてもなお、ありとあらゆるプリンタ エラーが生じます。このように連携性がなくてストレスの多い状況に陥れば、どうして 3D プリント プロセスはもっと簡単にならないのだと思って当然です。

私たちもそう思います。PTC では、Creo 製品スイート内の単一の環境で、3D プリントのための設計の作成、最適化、準備、検証を行うというビジョンを掲げています。私たちはこれを "付加製造のための設計" と呼んでいます。お客様が、製品設計者の作業に変革をもたらすテクノロジである付加製造を最大限に活用し、苦労ばかりの作業ではなく、やりがいのある作業として、3D プリントを経験できるようにしたいと考えています。

Stratasys のロゴ

ビジョンを実現するため、PTC は、デジタル データからオブジェクトを作成するための 3D プリント機器と材料の製造で業界をリードする Stratasys 社とパートナーシップを組みました。付加製造を合理化し、プロセスから不確実性とやり直し作業をなくす新しい機能を Creo に追加しました。その結果、3D プリントの構想から検証までのすべてを Creo 内で行えるようになりました。用意が整ったら、あとはファイルを 3D プリンタに送信するだけです。*

付加製造を Creo で行うと、以下の作業が可能です。

  • 複数のプリンタの設定を定義
  • Creo Parametric から部品およびアセンブリを直接印刷*
  • 設計の印刷適性に関する問題を特定することで精度を向上
  • トレイ上のモデルとサポート材料を任意の積層断面表示し、縮尺と位置を設定
  • 素材、色、仕上げ (光沢またはマット) をモデルに適用*
  • トレイ内のモデルの位置を印刷用に自動的に最適化*
  • CAD データ、モデル変換、トレイ内の位置を 1 つの STL ファイルとして保存
  • 構築材料とサポート材料の必要量を計算*

* Stratasys Connex プリンタと Creo 3.0 M040 が必要です

Download the Additive Manufacturing Datasheet