付加製造

Creo 3D プリント: 目に見えるものをそのままプリント

付加製造 (3D プリント) とは、素材の薄いレイヤーを 1 枚ずつ重ねてオブジェクトを構築するプロセスのことです。定義はシンプルですが、そのプロセスはシンプルではありません。設計者は複数のソフトウェア パッケージを使用しなければならないことが多く、そうした状況では、毎回モデルをエクスポートし、再設計して最適化してから再度インポートせざるを得ません。

Creo 3D CAD 3D プリントのギャップを埋める  

Creo を使用すれば、作成した設計をそのままプリントできます。連携性のない複数のソフトウェア パッケージを使用した場合に発生する多数のエラーへの対処は不要になります。設計、最適化、検証、プリント チェックのすべてを単一の環境で実行できるため、処理時間、面倒な作業、ミスが全体的に減少します。用意が整ったら、あとはファイルを 3D プリンタに直接送信するだけです。*  

 

変化のある複雑な格子構造を簡単に作成できます。

Creo の機能を使用すれば、部品の準備と格子の設計の両方を行い、簡単にプリントすることができます。

  • パラメトリックに制御された格子構造を作成し、高度に詳細化された部品に正確な質量特性を定義できます。可変性コントロールを使用して、格子を自在に強化できます。ただし、拡張機能が必要になります。
  • 複数のプリンタの設定を定義できます。
  • サポートしている 3D プリンタへの部品のプリント、材料や色の割り当て、製作時間と使用材料の計算を Creo から直接実行できます。
  • 設計のプリント適性の問題を特定できます。
  • トレイ上のモデルとサポート材料を任意の積層断面表示し、縮尺と位置を設定できます。
  • i.materialise などのサービス ビューローに直接接続して、100 種類を超える材料を利用することができます。
  • トレイ内のモデルの位置をプリント用に自動的に最適化できます。
  • CAD データ、モデル変換、トレイ内の位置を 1 つの STL ファイルとして保存できます。

*互換性のあるプリンタ

Stratasys

  • Polyjet テクノロジ (Connex)、Object Studio を使用

  • FDM テクノロジ (uPrint、Dimension、Fortus)、GrabCAD Print を使用

3D Systems

  • Projet 1200、2500、2500 Plus、5500x、Creo に組み込まれた 3D Sprint カーネルを使用
  • 今後対応予定: Projet 3600、3510、6000 & 7000、800、950

GrabCAD Print プラットフォームと 3D Sprint カーネルの拡大に応じて、さらにプリンタのサポートが追加される予定です。

付加製造のデータシートをダウンロード