Creo Parametric: アセンブリ管理およびパフォーマンス

大型アセンブリのモデリングをシンプルに

部品数が 2 個以上の製品はすべてアセンブリです。

大規模で複雑なアセンブリになると、製品設計者が専門的なスキルと設計技術、工業技術を同時に発揮できる、巨大プロジェクトに発展する場合があります。このことは、製品設計の醍醐味であると同時に、悩みの種にもなります。整合性を求められるのは、政治の世界だけではありません。さまざまな課題に取り組みつつ、設計意図を維持することを求められる設計チームにも当てはまります。

Creo Paramatic

高度なトップダウン設計プロセスにより、設計作業が容易になり、設計期間が短縮されるので、アセンブリのパフォーマンスが向上します。

 

ただし、データにアクセスできなくては作業が成り立ちません。また、数千個の部品とサブアセンブリで構成されるモデルがデスクトップで具体化するまで待つことも、決して好ましいプロセスではありません。Creo Parametric では、簡略表示を作成できるため、モデルをすばやく読み込むことができます。ラベルを 1 つ追加するだけなのに、CAD システムで 1000 個もの部品を表示する必要はありません。簡略表示を使用すれば、すばやく作業を開始して、アセンブリ全体との関係に照らして部品を確認し、必要なデータだけを分離することが可能です。

また、優れたコンポーネント配置機能により、時間を節約し、面倒な作業を減らすことができます。Creo Parametric では、設計の制約事項を考慮し、それに基づいて適切な選択肢が提示されるため、ユーザーが手作業でコンポーネントを選択する必要がありません。さらに、リアルタイムの干渉検出機能も用意されています。

機能をさらに拡張するには、Creo Parametric の拡張機能である Concurrent Engineering をご検討ください。主任設計者は、トップダウン アプローチに従ってスケルトン モデルを作成し、コンフィギュレーション規則を定義し、関係者全員に最新の情報を提供できます。混乱とリソースの無駄を排除した、Concurrent Engineeringがもたらす効率性のメリットを実感してください。

Creo Advanced Assembly Extension のデータシートをダウンロード