CAD Software Blog


モノのインターネットがすべてを変える

Geoff Hedges

GE 社製のエアコンのスイッチを入れる。そのエネルギー使用量を監視する。設定を調整する。これらすべての操作を、携帯電話機から行うことができます。 Belkin 社の接続機能付きクロックポットは、調理時間を計算して料理人にリマインダーを送信します。冷蔵庫の中の奇妙な卵容器は、食品買い物リストに卵を追加する 必要があるかどうかを判断してくれます。接続機能を持つ家は、一般の人々が自分に置き換えて考えやすいため、人々の心を捉え始めたところですが、接続機能 付きデバイスはもうすぐあらゆる場所で利用されるようになるため、それに備える必要があります。

センサ、モバイル、クラウド、アナリティクスなどのテクノロジが、自社製品の価値命題のレベルアップを図る電化製品メーカー、自動車会社、産業機械 メーカーでの設計に関する会話に登場するようになりました。現在は純粋に機能するだけの物体が、ユーザーと対話し、メンテナンス ニーズを監視して伝達する装置になると予想されています。エアコンは売れなくなるでしょう。ベンダーが、機械と室温保証付きのサービス契約をセットで販売 するようになり、一年中 72 ℉ / 22 ℃の部屋または建物が購入されるようになるからです。

モノのインターネット (IoT) は、感知、転送、解析のテクノロジのレイヤーを持ち、すでに製品の設計、製造、運用に変化をもたらしています。アンケート調査やフォーカス グループによって顧客の製品利用状況を把握する代わりに、設計者は、広範なユーザー基盤全体の実際の運用から取得したデータに基づいて、真の利用状況を知 ることができます。知り得るデータは、深刻なものである場合も単純なものである場合もあります。多くのユーザーがボタンを強く押し過ぎている? それなら、さらに丈夫なボタンを設計しましょう。大半のドライバーが急停止する? では、自動安全装置に変更を加えましょう。

設計者は間もなく、製品がどのように使用され、誤用され、保守サービスされているかについてさまざまな側面を深く理解できるようになるでしょう。た だし、そのためには、まずそのデータを収集するためのテクノロジを導入する必要があります。IoT が最初に定着するのは、製品にすでにセンサを組み込んでいる業界です。自動車、航空機、プリンタなどが、何かの交換、補充、または保守サービスが必要に なったときにオペレータに通知します。現在も、プリンタのインク カートリッジの交換などの対応が取れるよう、インジケータのライトが点灯する場合があります。しかし IoT 対応になれば、プリンタがテキスト メッセージまたは電子メールを送信し、インクがなくなる前にインク カートリッジを交換するよう促すことができます。自動車は絶えずデータを収集していますが、通信するのは、年に一度か二度、ディーラーが車載コンピュータ を修理工場のワークステーションにつないでデータをダウンロードするときだけです。予約前から、その日どのようなメンテナンスが必要かを知ることができた ら、もっと便利だと思いませんか。ディーラーは、車が到着する前に部品を発注し、作業内容をスケジュールして、見積もりを出すことができます。自動車が IoT 対応になれば、ディーラーに常時接続することで、これを実現できます。

御社の製品とそれらを使用する顧客の体験の中で、この種の相互作用によって向上できるものはありますか。

センサ内の設計は最も簡単な部分です。問題は、そこからどのような処理を生み出すかです。プリンタのライトを点灯させるのは簡単です。その同じ信号 を下流での解析 (および可能な処理) のために WiFi または有線ネットワーク経由で送信するには、はるかに高度なプラットフォームが必要です。データ取り込み機能と解析機能を構築するとともに、大量の生デー タから生成された重要な結果の解釈方法を知っている人材を雇用する必要があります。

設計者にとって、IoT は最終的に真の閉じたループを意味します。自分たちの作ったものを顧客がどのように操作しているかが正確にわかるようになります。製品に関する顧客の体験 を改善し、購入者にとって最も重要な特性の質を高めることができます。実際のデータを得て、予測可能なシミュレーションを構築できるため、過剰な機能を持 たせる必要がありません。会社にとっての新たなチャンスを生み出すサービスの構築を手助けし、顧客にとってのパフォーマンスを最適化することができます。

御社が現在まだ IoT を検討していないとしても、それは御社だけではありません。大半の企業にとってこのテクノロジはまだ日が浅く、それを実際に利用するためのインフラも発展 途上です。しかし、どのような変更を加えればセンサやトランスミッタを追加できるか考えながら、製品を見るようにすべきでしょう。製品を最適な状態に維持 するには、どのような情報を追跡すべきでしょうか。次のより良いバージョンを設計するには、どのようなことを知っておく必要があるでしょうか。有効製品寿 命を伸ばすため、またはサービス ニーズを削減するために、どのようなデータを取り込むべきかをサービスおよびサポート チームとともに理解することを検討するとよいでしょう。そこから出た答えが、まったく新しい評価項目につながる可能性もあります。今すぐ備えましょう。こ れは、現在起きていることなのです。長く待ちすぎれば追いつけなくなります。

編集メモ: 詳細については、モノのインターネットが製造業をどのように変えているかを説明しているこの PTC の短いビデオをご覧ください。


コメントを書きます

あなたの考えを共有しよう