CAD Software Blog


Taiwan Sanyo、Creo で新たなブランド名に備える

によって Geoff Hedges

“Sanyo” というブランド名は、世界中で半世紀以上も、ラジオ、洗濯機、テレビ、電池、その他さまざまな製品を飾ってきました。しかし、このブランドの馴染みのある赤い文字を最近見かけないかもしれません。なぜなら、同社は 2010 年に Panasonic に買収されたからです。 Wikipedia によれば、, 新しい親会社は 2012 年までに Sanyo ブランドを廃止する計画でした。

この期限を過ぎた一部の例外があります。その中に、台北を拠点とする Taiwan Sanyo Electric Co., Ltd. があります。Sanyo Taiwan は主に家電製品を製造しており、それに加えてワイヤレス製品と小型家電製品も製造しています。

Sanyo Product Range

Taiwan Sanyo の製品は 2018 年に Sanlux というブランドに変更される

Sanyo の台湾部門は、Panasonic に吸収されるのではなく、あと数年 Sanyo という名称を使用する権利とともに、親会社からの独立を買い取りました。こうして Taiwan Sanyo は残りましたが、このブランド名は世界のほかの場所では少しずつ姿を消しています (契約により、2018 年に社名が Sanlux になります)。

もちろん、こうしてグローバルな企業から自由を得た結果、効率と利益率の高い企業とならなければならないという新たなプレッシャーも生まれました。これは、Taiwan Sanyo が最近その設計および製造プロセスを見直した理由の 1 つです。同社は以前ほどエラーや遅延を許容できなくなっています。そして、競争の激しい市場で真の優位性を獲得するために、Taiwan Sanyo は革新的な構想設計を効率的に作り出す必要があります。

Sanyo Heater

Sanyo Taiwan は Creo を使用して消費者製品と家電を製造

Taiwan Sanyo は Creo にそのソリューションを見出しました。同社はすでに Pro/ENGINEER を 3D モデリングに利用していました。しかし、そのソフトウェアを Creo Parametric にアップグレードすることで、エンジニアリング チームはより多くのツールと機能を活用できるようになりました。特に注目すべきは、パラメトリックおよびフリースタイル サーフェシング モデリングと 後期段階での設計変更への対処 (FMX) です。

編集メモ – 以下のビデオでは、Pro/ENGINEER と Creo 2.0 での複雑なサーフェス設計の処理を比較しています。こうした設計は、消費者製品や家電でよく見られます。


Creo Parametric は機能豊富な 3D モデリング ソリューションです。これによりエンジニアは、あらゆる部品やアセンブリの 3D モデルを手早く簡単に作成できます。3D CAD システムに求めるすべての機能に加えて、Creo Parametric には、複雑なサーフェスの作成に使用できるパラメトリックおよびフリースタイル サーフェシング モデリング機能も搭載されています。まずは単純なプリミティブから始め、サーフェスを押し引きして必要な形状に整えます。

クイック リンク
Creo とは?デモと要点
Flexible Modeling (FMX) デモと要点
FMX マネージャ向けキット 30 分間の紹介 30 日間無料試供版 Creo を試す
企業と FMX }メリットを確認

Creo が Pro/ENGINEER と大きく異なる点は、シームレスに連携する複数のアプリケーションに分割されているところです。たとえば、シミュレーション用のアプリケーション、テクニカル イラスト用のアプリケーションがあります。最も注目すべき拡張機能の 1 つに、ダイレクト モデリング フィーチャーをパラメトリック モデリングに変更するというものがあります。ダイレクト モデリングは、制約がなく設計意図が記録されない、パラメトリック モデリングの代わりと考えられていました。しかし Creoでは、ダイレクト モデリングがパラメトリック モデリングを補っています。 このためエンジニアは、構想設計と後期段階の設計変更には柔軟性の高い Creo FMX を、詳細設計にはパラメトリック モデリングを利用しています。

このアップグレードと組み合わせは、Sanyo のチームに良い結果をもたらしました。「 Creo により設計プロセスが向上しました」と話すのは、CIO のマイケル・リー (Michael Lee) 氏です。「 Creo とフレキシブル モデリングは、後期段階の変更に対応する際に役立つだけでなく、最終的に当社の設計時間をほぼ 30 % も削減してくれました」

同社が Creo に関して報告したその他の結果は以下のとおりです。

  • 製品開発の効率が向上したため、設計者は実際の製品エンジニアリングにより多くの時間を費やせるようになった。
  • 製品の品質が向上した。
  • 製造までの期間が短縮した。
  • 設計の機敏性が高まり、後期段階での設計変更をパラメトリック モデルに効率的に統合し、記録できるようになった。

ビジネスの世界では、市場を席巻する技術によって現在人気のある製品が廃れてしまったり、企業買収により馴染み深かったブランド名が打ち負かされたりすることがあるため、永遠に不変であるものなどありません。市場を生き抜く企業はその重圧に押しつぶされることなく、先を見越してスピーディに対応しています。ビジネスの機敏性、堅実な製品ライン、Creo を持つ Taiwan Sanyo では、前に進む準備ができています。



コメントを書きます

あなたの考えを共有しよう