CAD Software Blog


作業現場での PTC: Maxmill Machinery 社

によって Geoff Hedges

動作中の CNC マシンには何やら催眠術のようなところがあります。作業現場のほこりと雑音の中で、非人間的な精度と速度で非常に複雑なスロットやポケットの加工が行われます。

これが、業界で “マシン センター” と呼ばれるものである場合は、作業者の手助けなく部品が複数の手順を踏んでいくよう、装置がそれ自体のツールの変更も行います。

これらの機械の背後に潜むエンジニアリングは驚くべきものです。これらの機械は、振動しない土台の上に設置されています。高トルクのスピンドルがミ リング ツールを回転させ、サドルが加工対象物を固定し移動させます。これらを構成するのは、CNC コンポーネント、冷却システム、ブランクから飛び散るチップを取り除く部品、追加のツールを固定するマガジン、その他の数々のオプションやアクセサリなど です。

最も重要な特長は何でしょうか。それは、耐久性、信頼性、精度が必須であることです。

Maxmill Machinery 社は、台湾を拠点に加工機械およびミリング ツールを開発している企業です。同社では、機械が顧客のサイトに最初に設置されたときだけでなく、その後も長年にわたって優れた精度と品質を実現することに力を入れています。

Maxmill BMC シリーズのマシニング センターは、巨大な寸法や容積に対処できるよう設計されています。

 

さ まざまな企業が、Maxmill 社の装置を利用して、自動車や航空宇宙などの業界で使用されるダイ、プラスチック射出金型、部品の加工を行っています。Maxmill 社が 1996 年以来、高品質で耐久性のある製品を顧客に提供しているのは、そのためです。

同社によると、成功の鍵は「先進的な考え方と革新的な設計コンセプト」だそうです。

 

Creo クイック リンク

Creo の新機能
プレゼンテーションとデモ

Creo イベントに参加する
地域のイベントをすべて見る

企業と Creo
メリットを確認[/one_third]

製品開発を向上させるための最近の取り組みの一環として、Maxmill 社はエンジニアリング設計用に Creo を導入しました。同社は、大規模なアセンブリを扱う信頼性と機能性に優れたシステムを必要としていました。それこそまさに、大規模アセンブリでの作業を容易にする簡易表現やシュリンクラップ機能などの戦略を提供する Creo の秀でている点です。

Creo は BOM の自動作成もサポートしているため、少しの設定手順だけで、いかに大規模な BOM テーブルにもデータを挿入することができます。Maxmill 社では、Creo の導入により BOM の作成が 25% 高速化したと話しています。

実際、設計作業がはるかにスピードアップしたため、古い設計ソフトウェアの使用を取りやめたといいます。「Autodesk Inventor と AutoCAD を Creo に置き換えました」と工場長のホウミン・チェン (Hou-Ming Chen) 氏は話しています。

Maxmill 社のような企業が Creo によって得られるもう 1 つのメリットは、ソフトウェアによる構想設計のサポートです。Creo スイートには無料のスケッチ ツールが含まれており、ペンやマーカーを使うようにアイデアをすばやくスケッチすることができます。

ダイレクト モデリング アプリを使用すると、エンジニアは既存のモデルを起動してすばやくジオメトリを修正することができます。新しい代替案を試す際に、既存の設計の拘束を気にする必要はありません。

そして、Creo 3.0 では Creo Design Exploration Extension (DEX) が導入されました。このツールを使用すると、代替構想設計案をパラメトリック環境ですばやく簡単に調査することができます。設計中に “チェックポイント” を作成すると、すべての段階ですべての代替案が Creo DEX によって管理されるため、個別のファイルや PowerPoint のプレゼンテーションにそれぞれを保存しておく必要がありません。クリックでするだけで、立ち戻る必要があるチェックポイントに簡単に移動して、設計プロ セスの途中の手順を確認することができます。

動作中の Maxmill 社のマシンが複雑なポケットを加工している様子をご覧ください。

 

 



コメントを書きます

あなたの考えを共有しよう