CAD Software Blog


巨大な機械: Vuylsteke Construction 社

によって Geoff Hedges

Vuylsteke Construction は、アルミニウム、ステンレス鋼、鉄鋼といった金属の加工に重点を置く、ベルギーの企業です。2000 年の創設以来、クレーン、ホッパー、ジェネレータ シャーシ、その他多数の製品を製造しています。

また同社では、有能な技術者の不足や機械の修理不能といった問題を抱える企業に、メンテナンスおよび修理のサービスを提供しています。

「こうした問題は、予期しない稼働停止を引き起こし、深刻な結果をもたらします」と同社の Web サイトには書かれています。一部の企業にとって人材不足は不運なことですが、それが引き金となって Vuylsteke 社のすばらしいビジネス モデルが誕生し、同社は年々成長し続けています。

Vuylsteke 社のような企業を経営するうえでの最大の課題の 1 つは、次に何を依頼されるかわからないことです。昨年秋、技術者たちはジェネレータ キャビネットを製作しました (その進行過程を Facebook ページでご覧いただけます)。

 

そ の前には、アリーナスタイルの建物用に 30 メートル (100 フィート) の鉄骨の垂木を作りました。 

明らかに、この企業による設計はすべてその顧客用にカスタマイズされています。

Vuylsteke Construction 社は、PTC の認定販売代理店である CadCorner の支援を受けて、社内の開発プロセスを刷新しました。CadCorner はチームが迅速に稼働開始できるようにしたため、エンジニアは貴重な設計作業から奪われてしまう時間を最小限に抑えることができました。PTC Creoを選択した結果、チームは、クライアントや潜在顧客とのコミュニケーションが容易になりました。

 

クイック リンク

PTC Creoとは?
デモと要点

PTC Windchill デモと要点

PTC Creoメリットを確認

 

「3D ビジュアリゼーションは、営業の交渉やプロジェクトの実行における大きな資産です」と同社のバート・ヴァールステック (Bart Vuylsteke) 社長は話しています。同社のチームは 3D モデルを簡単に共有できるため、契約を実行するときに、製品の外観に関する曖昧さはほとんどありません。ビジュアリゼーションにより、潜在顧客に強い印象 を与えるとともに、後に誤解による高額なコストの発生を防ぐことができます。

Vuylsteke 社では、PTC CreoAdvanced Framework Extension も利用しています。このアドオンは、構造設計の簡略化と迅速化を必要とする企業向けに設計されています。インテリジェントなコンポーネント ライブラリを備えており、標準的な設計技法と比較してフレーム設計を 10 倍スピードアップできます。

しかし恐らく、同社が PTC Creoで最も感銘を受けた点は、サプライヤのモデルでの作業でしょう。PTC CreoFlexible Modeling Extension を使用すると、エンジニアは、設計意図を失うことなく、さまざまなデータ ソースのジオメトリやフィーチャーを選択して編集することができます。

また、PTC Creoにより、Vuylsteke 社のチームはモデルをサプライヤに効率的に送信することができます。「PTC Creoに投資したおかげで、サプライヤに高品質の設計データを提供することができるようになり、サプライヤはそのデータをソードリル ラインに利用できます」とヴァールステック氏。

これこそ、違いが生まれた要因です。同社によると、導入以来、サプライヤとのコラボレーションに要する時間が 25% 減少しました。

全体的な成果として、「鉄骨構造のコンポーネントのリード タイムをいくつかのケースで半減させることに成功しました」とヴァールステック氏は話しています。

編集メモ 次の PTC CreoAdvanced Framework Extension の短いデモをご覧ください。

 

ほかの産業機器メーカーが、PTC Creoを使用して市場投入期間の短縮、品質の向上、コストの管理をどのように実現しているかに関心をお持ちの方は、各メーカーのストーリーをご覧ください

画像提供: Vuylsteke Construction



コメントを書きます

あなたの考えを共有しよう