CAD Software Blog


バンドルへの投資は将来への投資

によって Geoff Hedges

大部分のベンダーは、自社のソフトウェア製品とモジュールのパッケージ バージョンを提供しています。先行投資は増えますが、ソフトウェアのバンドルまたはパッケージを購入すると、各機能を別々に購入した場合の何分の 1 かの費用で高価値の機能が手に入ります。

このような利点があるにもかかわらず、多くの会社は最初にコアとなる CAD ソフトウェアを注文し、モジュールや拡張機能を少しずつ追加していきます。これは多くの場合、ソフトウェアを追加した恩恵を受けるのが遅れるだけでなく、 全体の費用や関連経費が高くなるため、双方に不利な状況になります。

たとえば、ある会社が CAD を購入した “後で” PDM ソフトウェアを購入したとします。経費節約を望んでいたにもかかわらず、彼らは次のような状況を覚悟しなければなりません。

  1. バンドル価格よりも大幅に高価なライセンス費用とメンテナンス費用の負担。

  2. 高い金利。中期から長期の金利はまもなく上がる見込みです。会社がソフトウェアを購入する資金を提供した場合、低金利のチャンスを逃し、全体の費用が増大します。

  3. 個々のプロジェクトの展開。PDM ソフトウェアを CAD ソフトウェアと同時に導入すると、生産性、立ち上げ、展開に大きなメリットがあります。

  4. PDM ソフトウェアを展開する前に CAD ソフトウェアで作成した図面、モデル、改訂版を管理する作業が増えます。たとえば、その会社がファイル システムを使用していたとします。ここから、PDM を最初に導入していれば解決できたであろうあらゆる問題 (改訂版に関する混乱、古くなったファイル、間違いなど) が生じます。

特に小規模のチームの場合、最初は PDM ソリューションの導入に消極的かもしれません。これまでの PDM システムが大企業向けの規模であったことを考えれば、その反応も理解できます。しかし、現在の PDM は、小規模のチームに合わせてカスタマイズされているものも多く、会社の成長に合わせて拡張できます。

今から 2 ~ 5 年後、PDM で管理する図面が数千にも増えたとき、今のうちにバンドルを購入した人は先見の明があったと称賛されるでしょう。

もう 1 つ例を挙げましょう。フレキシブル モデリングの機能は、コアの CAD ライセンスに今すぐにでも後からでも追加することができます。バンドルを購入するメリットを考えてみましょう。

  1. フレキシブル モデリングのアプローチは、さまざまな業界の困難な課題に対応しています。たとえば、後期に設計を変更する場合などです。繰り返しますが、フレキシブル モデリング機能の追加を遅らせると、パッケージを購入する場合と比べてライセンス費用とメンテナンス費用が大幅に増加します。
  2. フレキシブル モデリングとパラメトリック モデリングのアプローチを同時に導入すると、設計上の課題に広範に対応できるほか、生産性が最大限に向上し、ほかのソースのデータを使用したときに生じる主な問題を回避することができます。購入をためらう理由はどこにもありません。

次 の CAD パッケージを購入する前に、短期から中期的に追加機能から得られる利点と、導入を遅らせることによって生じるコストを考慮してください。

コメントを書きます

あなたの考えを共有しよう