CAD Software Blog


PTC Creo Extension for ECAD-MCAD Collaboration (ECX) の概要

In the Press

多くの製品開発企業は、電気系エンジニアと機械系エンジニアの間を阻む壁を経験していることでしょう。ときには、それぞれ異なる言語を話しているように思えるほどです。

しかし、今日の製品は電子部品の利用が増えてますます複雑化しており、電気系エンジニアリング チームと機械系エンジニアリング チームのサイロ化の解消に取り組むことが重要となっています。コラボレーションの拡大により、製品の品質向上、市場投入期間の短縮、作業環境全般の創造性 および生産性の向上が実現します。

PTC Creo Extension for ECAD-MCAD Collaboration (ECX) は、エレ・メカ協調製品開発プロセスを改善し、電気系エンジニアと機械系エンジニアの設計コラボレーションを強化することによって、企業におけるこれらの 目標の達成とサイロの解消を支援することを目的としています。

PTC Creo ECX により、設計チームはエレ・メカ協調に関する問題を容易に特定して解決するだけでなく、設計変更プロセスをより効率的に記録管理することができるようにな ります。また、PTC Creo ECX は Cadence および Mentor の主要な電気設計ソフトウェア ツールと互換性があり、地理的に離れたチームがコミュニケーションおよびコラボレーションの課題を克服するためにも役立ちます。その結果、エラーの減少、 製品の品質の向上、製品開発時間の短縮が実現します。

製品の機械設計におけるエレクトロニクスの詳細については、こちらの短い解説ビデオをご覧ください。

 

PTC Creo ECX のユーザーは、たとえば次のようなことができます。

  • 変更を特定し、段階的な変更に共同で取り組むことができるよう、今日の IDF ベースのフローを強化します。
  • 機械系のエンジニアと電気系のエンジニアが、すばやくより頻繁に、中断なくコミュニケーションできるようになります。
  • 変更がほかの部門に与える未知の影響を早期に特定および管理することで、後期段階の変更を削減します。
  • 機械工学のエンジニアが、変更を提案する前に、電気設計に与える影響についてより詳細に理解できるようになります。
  • MCAD モデル ビューと ECAD モデル ビューの間での段階的な変更の表示やクロスハイライトによって、設計変更を迅速に伝達できます。

PTC Creo ECX の詳細については、こちらのページをご覧ください。


コメントを書きます

あなたの考えを共有しよう