保証管理

接続機能を持つ製品に伴うコストを減らし、保障管理業務を自動化する

保証の提供、管理、対応に伴うコストは非常に大きく、業種によっては営業利益の 5 % に達する場合もあります。Axeda の顧客は、製品をビジネス用のエンタープライズ システムと連結し、保証コストを低減し、製品の登録や使用状況に関するレポート作成、不当なクレーム管理などの保証管理業務を自動化しています。

たとえばある顧客の場合は、センサーを自社製品に取り付けて実働環境での温度や湿度を監視し、保証内容に沿った使われ方をしているかを確認しています。実働環境の情報を入手することで、不当なクレームを検知して拒絶できるようになります。

多くのケースで、保証が有効なのは、機器が適切に設定、調整され、メーカーの消耗品以外が使用されていなかった場合のみです。接続機能を持つ製品を利用すれば、製造メーカーはリモートからソフトウェアやコンフィギュレーション ファイル、各種調整、消耗品を監視、管理し、顧客が保証要件を満たしているかどうかを確認できます。統合化された製品データによって、最終的には CRM や ERP システムで処理する保証管理プロセスを改善することができます。

接続機能を持つ製品をベースにした保証管理システムのメリットは以下のとおりです。

  • 製品登録と保証期間管理を自動化できます
  • 最新のコンフィギュレーションを維持して安全性を確保できます
  • 保証と顧客の使用状況に関する正確な情報を取得できます
  • 保証コストの予測精度が向上します
  • 保証対象外の検出漏れを防いでコストを削減できます
  • 保証ポリシー違反や規則違反の使用状況を検出できます