使用量に基づく課金

使用量に基づく課金モデルにより、製造メーカーは使用量に基づいた請求が可能に - すべて、コネクティッド プロダクツから収集したリアルタイムの IoT データに基づく

モバイル ヘルス (mHealth) などのマシンツーマシン (M2M) 分野では、不可欠な治療を行うために透析装置などの医療機器を購入することは在宅患者にとって非現実的であり、法外な費用がかかる場合があります。

これらの企業は、コネクティッド プロダクツを使用することで、機器の方向転換、クリック、回転などの量を測定し追跡するだけでなく、しきい値を設定して、その値に近づいた場合や到達した場合にアラームを発生させることができます。この M2M データを CRM/ERP および課金システムと統合することにより、レポートの作成に顧客が関与する必要がなくなり、製品の製造メーカーは、レポートの正確さを高め、定期的な支払請求をより迅速に処理できます。

Axeda 統合フレームワークは、ERP、CRM、課金、データ ウェアハウスなどのエンタープライズ システムと Axeda プラットフォーム間の統合を促進します。この統合により、使用量に基づく課金モデルを利用して新たな収益源を生み出し、課金プロセスを自動化して、競争力のある差別化を図ることができます。

使用量に基づく課金ソリューションにより、次のことが可能になります。

  • "使用量に基づく課金" 方式の機器の価格設定モデルを確立する
  • サービス、部品、および補充を統合して、サードパーティ サプライヤを排除する
  • 使用量とパフォーマンスに基づく保証およびサービス契約を提供する
  • 部品の摩耗状態の予測と在庫レベルに基づいて消耗品を事前に販売する
  • 使用量のデータを課金システムと統合することにより、迅速な自動請求を可能にする