優れた要件管理で品質の向上と市場投入期間の短縮を実現

要件エンジニアリング: 適切な要件、適切な製品

開発コストの約 20% は、定義が不適切で管理
が不十分な要件に起因するやり直し作業によ
るものである」

Software Engineering Institute
米国労働省、労働統計局


この技術白書では、包括的な要件エンジニアリング ソリューションを徹底的かつ詳細に検証します。この技術白書ではまず、以下を分析することによって、効果的な要件エンジニアリング アプローチの大まかなメリットをまとめています。

  • 効果的な要件エンジニアリング アプローチの大まかなメリット
  • アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) における要件エンジニアリングの役割
  • Integrity で、単一のプラットフォーム、単一のアーキテクチャ アプローチを介して要件をシームレスかつ効果的に管理できる理由

また、この技術白書では、下流ライフサイクル全体における要件の作成、取り込み、追跡の方法についても検証しています。その他にも、以下のような点について取り上げています。

  • 企業で平行開発や再利用といったベスト プラクティスを活用する方法.
  • バージョン管理やベース ライニングといったコンフィギュレーション管理概念を活用する方法

レポート全文をダウンロードして詳細をご確認ください »





要件および検証ソリューションに関する最新情報をお届けします。

アナリスト レポート、バイヤーズ ガイド、オンライン Web キャストなどの豊富なリソースをご利用いただけます。