システム設計の複雑性の管理: 時間を節約する 3 つのヒント

Aberdeen 社の調査概要全文をダウンロードしてお読みください

89 % の機能要件をプロジェクトの開始から最終的な製品まで維持

Aberdeen 組み込みソフトウェアはあらゆる領域で徐々に馴染みのあるものとなってきましたが、多くの組織でいまだにコア コンピタンシーの外に位置付けられています。組み込みソフトウェアの経験が豊富な組織ですら、こうしたコンポーネントの製品への統合に苦心しています。組み込みソフトウェアによってもたらされるチャンスを活かすために、組織はシステム エンジニアリング業務を改善し、機械、電気、ソフトウェア コンポーネントの真の統合を実現しなければなりません。

この調査で判明した優良企業の実績は、システム設計の複雑性に対処するためにリーダー企業が実践してきたステップを示しています。こうした企業のアプローチには、以下を支える機能が組み込まれています。

  • 変更管理
  • 要件管理
  • 要件トレーサビリティ

トレーサビリティの欠如により、要件管理がさらに困難なものになります。効果的な要件のトレーサビリティとは、要件間のリンクを作成することで、依存関係が認識されて変更の影響がわかる状態になっていることです。要件トレーサビリティによる影響がまったくないとしたのは、調査回答企業のわずか 1 % のみです。つまり、調査回答企業の大半は、トレーサビリティが要件管理の重要な要素であると考えているということになります。

システムの複雑性を管理するには、まず要件を適切に定義し、管理する必要があります。要件管理を成功させるには、まず顧客と市場のニーズを把握する必要があります。さまざまなエンジニアリング分野にまたがる変更管理プロセスを刷新する方法については、フォームに必要事項をご入力のうえ、Aberdeen 社の調査概要全文をダウンロードしてお読みください。

このレポートは英語版のみです。