Windchill - Academic Software Version

エンジニアリング関連の仕事は変化しています

エンジニアリング関連の仕事は変化しています。設計プロセスのグローバル化、製品の複雑化、規制関連の重圧の増加に伴い、製品ライフサイクル管理 (PLM) とコラボレーションの重要性を理解することが、就職活動中の学生の必須スキルとなっています。Windchill は、学生のコラボレーションを育み、世界の一流企業で必要とされる最新の製品開発に関する教育機会を提供します。Windchill アカデミック プラットフォームは、プロジェクト管理に必要な機能をすべて備え、物理的な場所にかかわらず、学生同士の効果的なコラボレーションを容易にします。

学術機関で Windchill が選ばれる理由

  • 学生の地理的な場所に関係なく、上級設計プロジェクト、カリキュラム、大学生向けの設計コンペティションに一緒に取り組むことができます。

  • 製品のライフサイクルを詳細に把握できるため、設計に伴う決定には当初の目的を超えた意味合いがあることを学生が理解できます。

  • 学術機関同士やさらに広範囲な研究コミュニティで知識を文書化、取り込み、再利用、伝達できます。

  • 「オンデマンド」でスケーラブル、かつ安全な Web ベースのプロジェクト構造を備え、所属部門の IT インフラストラクチャに影響を与えることなく、文書、画像、ビデオ、CAD ファイル (ほかの CAD ツールとの統合を含む) などのエンジニアリング データを取り込めます。


S.P.A.C.E. (Strategic Partners of the Advancement of Collaborative Engineering) プログラムによる Windchill の実装の詳細をご確認ください >