PTC WebShip

PTC WebShip - 小包および LTL ソフトウェア ソリューション

PTC WebShip ソリューションは、企業全体の小包や小口貨物 (LTL) の輸送の評価、出荷、一括処理、および完了プロセスを管理するためのシングル ポイント インタフェースを提供し、貴社のビジネスの出荷に関する最良の意思決定をサポートします。PTC WebShip には、サードパーティ製の各種システムをシームレスに統合する柔軟な API インタフェースの用意があり、コストの削減、管理の強化、可視化の促進、および柔軟性の向上を実現できます。

PTC WebShip には次の 3 つの運用モードがあります。

自動化プロセス

  • ホスト システム (WMS、TMS、ERP) が PTC WebShip ソケット API を "バックグラウンドで" 呼び出します。
  • 出荷は自動的に処理され、すべての出荷関連文書が生成されます。
  • ユーザーは介入しません。

半自動化

  • ホスト システム (WMS、TMS、ERP) が PTC WebShip ソケット API を "バックグラウンドで" 呼び出します。
  • PTC WebShip に出荷情報が送信されますが、処理はされません。 
  • PTC WebShip の各種画面からユーザーが出荷を確認したり修正したりして、データを確認します。

スタンドアロン

  • PTC WebShip の出荷画面に出荷データを手動で入力し、処理します。

メリット:

1 つのサーバー/インスタンスから複数の設備を管理

  • 本社に 1 つ PTC WebShip をインストールすれば、国中に点在する複数の設備の出荷を管理できます。

不要なサードパーティ製ソフトウェアおよびハードウェアの排除

  • 企業内のあらゆる出荷元のすべての輸送に関する出荷プロセスを 1 カ所で管理できます。
  • 出荷システム、プリンタ、オペレーティング システム、およびサポート要員を複数用意する必要がありません。

手動プロセスの削減

  • 紙の空輸証書や積荷目録をなくすことができます。
  • 電子積荷目録を転送できます。

輸送コストの削減

  • 最良の輸送業者とコストを選択するためのビジネス ルールを設定できます。
  • 一括/統合フレイトを利用することで輸送回数を削減できます。

輸送業者を柔軟に選定

設定可能なビジネス ルールにより、以下を基準に輸送業者を選定できます。

  • オーダーの重要度
  • 顧客
  • 郵便番号
  • パッケージ数
  • 曜日
  • ユーザー定義条件

特定の出荷先に対する複数の評価を、以下を基準に比較できます。

  • 輸送業者
  • サービスのレベル
  • 特殊なサービス
  • すべての出荷モードの割引構造

コスト、輸送時間、ランキング、または事前に設定したビジネス ルールに基づいて、その出荷にベストな輸送業者が自動的に選定されます。

輸送回数を節約するために、同じ宛先に対して自動的に一括/統合出荷されます。

小口貨物 (LTL) をサポート

  • すぐに統合できます。
  • すべての主要なチェック デジット式に対応します。
  • スキャン可能なバーコードによる積荷の VIC 請求に対応します。
  • 標準的な出荷ラベルを使用します。

二重運賃

PTC WebShip では、協議済みの運賃を利用するために、輸送コストを個別に計算し、顧客に請求できます。

自動重量読み取り

出荷プロセス中に、重量計から自動的に重量を読み取ることができます。