Creo CADDS 5 Data Exchange

マルチ CAD 環境での設計 ツールとデータ交換のサポート

現代の製造メーカーは、企業の内外で、マルチ CAD 環境での設計 ツールやデータ交換を完全にサポートすることが求められています。Creo CADDS 5 は、この課題に対処するだけでなく、特定の 3D 設計プロジェクトの要件に応じて調整が可能な、拡張性のあるソリューションです。ユーザーは、PTC の強力な双方向 ATB (Associated Topology Bus) により、Creo とほかの 3D CAD ソフトウェア システム間の情報関連性も維持できます。Creo CADDS 5 Data Exchange の機能は、エラーの削減、品質の向上、マルチ CAD 環境での設計 ツールの設計効率向上に役立ちます。

特長とメリット

  • Creo CADDS 5 以外のデータを活用して、マルチ CAD 環境での設計 ツールの設計効率と再利用率を高めることができます。

  • Creo を通じて ATB と CATIA および Unigraphics の間で情報関連性の維持されたデータ交換を行うことで、設計をすばやく更新できます。

  • Creo CADDS 5-Centric ATB の使用により、マルチタスクが可能になり、生産性が向上します。大規模な設計のインポート / エクスポートが可能で、インポート / エクスポート処理をバックグラウンドで実行しながら、Creo CADDS 5 でほかのモデリング作業を継続できます。

  • SET や VDA などの専用ツールで、CAD ソフトウェア部品とアセンブリの双方向の IGES サポートを利用できます。

  • 上位のモデリング データをインポート / エクスポートして下流側のアプリケーションに正確に入力できます。