CADDS 5 Clash Detection and Management Solution

クラッシュの検出と管理が可能

Oracle データベースをリポジトリとして使用します。各クラッシュには固有の ID が割り当てられ、検出から解決および完了までのライフサイクル全体を通じて、プロジェクトベースの厳格な基準に基づいて管理されます。PTC CADDS 5 Clash Detection and Management Solution には、Creo CADDS 5、Creo CADDS 5 Optegra (EPD.Connect)、およびスタンドアロンのユーザー インタフェースのいずれからでもアクセスできます。設計サイクルのより早い段階でクラッシュを検出および解決することにより、コストのかかる製造段階でのやり直しが回避され、生産性向上とコスト削減を実現できます。

ファクトリ

特長とメリット

  • 設計サイクルの早い段階でクラッシュを検出して解決することで、後工程の製造段階でのやり直しを減らすことができます。
  • ゾーンや部品によるフィルタを使用した高度なクラッシュ アルゴリズムを利用して、クラッシュを迅速かつ効率的に検出します。
  • さまざまな分野や業務が関連する環境で動作します。
  • クラッシュを個別に管理するために、各クラッシュが Oracle リポジトリに別々に保存されます。
  • プロジェクト ロール ベースの独自の機能により、厳格なアクセス制御を行います。